90s

不倫は10年に一度ブームが来る!? 芸能界の不倫ゴシップを振り返る

「不倫は文化」――この言葉が生まれたのは1996年のこと。タレント・石田純一が「文化や芸術といったものが不倫から生まれることもある」との発言がその後曲解されてできた言葉だ。

不倫がテーマのドラマ『昼顔』(フジテレビ系)の流行や矢口真理の騒動など、10年程のサイクルで不倫は世間を賑わせるのかもしれない。“禁断の恋”と言い換えればどことなくロマンチックに思えるが……古来より人々の関心を集めるこのテーマは奥が深い。
不倫は10年に一度ブームが来る!? 芸能界の不倫ゴシップを振り返る
ドラマや映画の世界では華やかに描かれがちな不倫(写真はイメージ)

10年に一度来る!? 不倫がテーマの大ヒット作品
映画やドラマ、小説、音楽など、不倫を題材にした作品は数多く作られてきている。まずはこれらの作品を年代別に振り返ってみよう。

■80年代「金妻」
1980年代を代表する不倫ドラマと言えば「金妻」の略称でも知られる『金曜日の妻たちへ』(TBS系)シリーズだろう。核家族間の交流とそこに起きる不倫を題材にしており、“不倫”という言葉を広く一般的にした作品でもある。その時代を生きる女性の心の不安定さが上手く描かれ、共感やある種の憧れを生み大ヒットとなった。

■90年代『失楽園』
そこから約10年後の90年代後半には、不倫をテーマにした作品『失楽園』と『不機嫌な果実』がブームとなる。特に『失楽園』は社会的な大ヒットとなり、「失楽園(する)」(=不倫する)が1997年の流行語大賞に選ばれたり、映画や小説が海外輸出されるなど、当時世間を大きく賑わせた。
不倫は10年に一度ブームが来る!? 芸能界の不倫ゴシップを振り返る
劇場版・失楽園

『失楽園』原作者の渡辺淳一氏は、「不倫なんかをしても利益も何もない。もう危険なだけですよ。それでも懸命に愛し合っているんだから、それは純愛に決まっているじゃないですか」と当時のインタビューで語っている。バブル崩壊後の疲弊した日本で、皆が純愛とスリル、その相反する二つを求めたことから生まれた必然的なブームだったのかもしれない。

あわせて読みたい

  • 今では放送不可!? 『雷波少年』の無茶企画! 人生を懸けた"サムエル"

    今では放送不可!? 『雷波少年』の無茶企画! 人生を懸けた"サムエル"

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2015年8月17日の90s チョベリー記事
    「不倫は10年に一度ブームが来る!? 芸能界の不倫ゴシップを振り返る」の みんなの反応 2
    • 8511 通報

      気がついたらその中にいる...その通りです。抜け出せない自分がいる。逢える数時間が天国で残りは地獄。将来なんてないのに。一夫多妻制で無い限り、不倫は流行るとか流行らないで無く、増え続けると思います。

      6
    • 匿名さん 通報

      元々、日本は夜這い文化や祭りでも男女の交際を目的とし、子供を授かる事は国策だど考えてきた風土がある、それを今更文明人ぶっても少子化で疲弊しようとしてる国だ、不倫の前に結婚制度を改めろ

      5
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース