review

「劇場版弱虫ペダル」東堂尽八は何回「巻ちゃん」と言っているのか

8月28日から公開している「劇場版 弱虫ペダル」。原作者:渡辺航がストーリーを書き下ろした、初めてのオリジナル劇場長編作品だ。物語は、アニメの最終回──自転車競技のインターハイでの決着の後を描いたもの。
「劇場版弱虫ペダル」東堂尽八は何回「巻ちゃん」と言っているのか
公開中の「劇場版 弱虫ペダル」 配給:東宝映像事業部 上映時間:約90分

インハイで総合優勝した総北高校は、秋に熊本で行われる「熊本 火の国やまなみレース」に招待された。総北高校の参戦を聞いた宿命のライバル・箱根学園も参加を決定! 3年生が引退してしまう前に、このメンバーでできる最後のレース、そして「インハイの再戦」ができると志気の上がるメンバーたち。
ところが3年生の巻島裕介は、ひとりイギリスへ留学する準備を進めていた。
「オレたちの総北を たのむぜ坂道」
そう同じクライマーの小野田坂道に告げ、自転車競技部を退部してしまう。巻島の不在に大きな衝撃を受ける坂道。いったいレースはどうなってしまうのか……?
「劇場版弱虫ペダル」東堂尽八は何回「巻ちゃん」と言っているのか
巻島を慕う坂道、坂道を心配しながらも去ろうとする巻島(劇場版主題歌「Link」ジャケットより)

映画の前半で描かれるのは、原作の28巻にあたるエピソード。原作ではそのまま「3年生が引退した、2年目の総北高校」に向かっていくが、映画では最後にお祭り的なレースを挟んだ。
インハイでは勝者と敗者がはっきりとわかる。泣いても笑っても勝負の結果は変わらない。でも、もう一回ぶつかってみたらどうなるんだろう……? そんなファンの想いを反映するような勝負が展開される。

映画の軸にあるのは「巻島の不在」。ヒロインかと思うくらい、90分間に多くのキャラが巻島の名前を呼ぶ。坂道はもちろんだが、坂道と同じくらい巻島のことばかり喋っているキャラクターがいた。

あわせて読みたい

  • これからが本番「ツール・ド・フランス」観戦ポイント基礎の基礎

    これからが本番「ツール・ド・フランス」観戦ポイント基礎の基礎

  • 『弱虫ペダル』渡辺航のトークイベントも! 自転車の祭典「CYCLE MODE」に行ってきた

    『弱虫ペダル』渡辺航のトークイベントも! 自転車の祭典「CYCLE MODE」に行ってきた

  • レビューの記事をもっと見る 2015年9月6日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース