90s

侍ジャパン敗退と脱税事件 背景にある小久保裕紀の人間的甘さ

本日、野球の世界大会「プレミア12」の全日程が終了した。日本は予選を全勝したものの、3位という悔しい結果に終わった。
この原因となったのが、準決勝の韓国戦での小久保裕紀監督の継投ミス。予選時から2イニング目に掴まる傾向があった則本を続投される、9回頭の時点でブルペンで誰も準備させていない、2点差に迫られた無死満塁の場面でコントロールに不安を残す松井を登板させるといった具合だ。
また、予選時には「正直、ほとんどデータがゼロです。本能で戦う」というコメントを小久保は残している。データ野球全盛の現代において、耳を疑う発言だ。

このような継投ミスや発言には、日本プロ野球界ならびに小久保自身の"甘さ"があるのではないかと考えられる。

【脱税の小久保裕紀 なぜか余裕の笑顔】


小久保の人間的な甘さがもっともよく表れているのは、1997年の脱税事件だろう。多くのプロ野球選手が脱税に関わっていたが、小久保はその主犯格といえる存在であった。
事件発覚の発端は朝日新聞によるスクープだった。しかしこの時点で、捜査の手が自身に及ぶという認識がなかったのか、週刊誌の『FLASH』の取材に対して「取材しても無駄だよ、ずーとノーコメントを通してるんだから」と小久保は余裕の笑顔を見せている。
なぜか余裕を見せていた小久保とは裏腹に、検察は本腰を入れて捜査し、結果的には立件された。

【小久保裕紀の脱税 きっかけは恩師の紹介】


裁判等で明らかになった脱税の経緯に触れていこう。そもそも一連の脱税事件を主導していたのは「脱税コンサルタント」の坂本という人物。この坂本に小久保が出会ったきっかけとなったのがリトルリーグ時代の恩師であった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク