bit

中国人観光客が「ちびまる子ちゃんランド」に押し寄せる理由

日曜日の夕方には、アニメ『ちびまる子ちゃん』を見ていた人、いまでも子どもと一緒に見ている人は多いのでは? 『ちびまる子ちゃん』は1990年から放送開始されているご長寿アニメ。小学校3年生のまる子を主人公に、家族や友だちのほのぼのとした日常を、おもしろおかしく、ときに切なく描いている。

そんな『ちびまる子ちゃん』の舞台を再現したミュージアムが、静岡市清水区にある。その名も「ちびまる子ちゃんランド」だ。清水といえば、ちびまる子ちゃんのモデルであり、作者のさくらももこ先生の故郷でもある。
中国人観光客が「ちびまる子ちゃんランド」に押し寄せる理由
「ちびまる子ちゃんランド」。この日はまる子とたまちゃんが出迎えてくれた


「ちびまる子ちゃんランド」は、清水港にある複合型テーアパーク「エスパルスドリームプラザ」内に1999年にオープンした。その後、2008年にリニューアルオープンしてさらにパワーアップ。近年は、アジアからのファンが殺到しており、2014年には1万6500人が来館。さらに、2015年は3万2000人の来場者突破が確実視されているという。なぜ、このスポットがアジアの観光客にウケているのか? 実際に現地に行って話を聞いてきた。

「中国のお客様がとても増えています。台湾の方も多く、中国と台湾で外国人来館者の約9割、日本人を含めた全体では約3割を占めます。とくに多いのは夏休みや春節の時期ですね」というのは「ちびまる子ちゃんランド」が入っている「エスパルスドリームプラザ」を運営する株式会社ドリームプラザの社長、大井一郎さん。

中国人観光客が「ちびまる子ちゃんランド」に押し寄せる理由
「ちびまる子ちゃん」の世界を堪能できる館内


実はアニメ『ちびまる子ちゃん』は海外でも放送されており、絶大な人気をほこっている。台湾では、日本での放送開始の4年後である1994年にアニメ放送がスタート。その後、東アジア圏でも順次放送がはじまった。2015年はちょうどアニメ化25周年にあたり、台北・高雄・上海では記念イベントも開かれた。どれも盛況で上海のイベントには約6万人が集まったという。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク