review

「火村英生の推理」最終話「ロジカル・デスゲーム」の美しさとドラマの結末

       
「僕には生きる目標がありません。苦しみながら生活するのは、うんざりです。いいことは束の間で、不愉快な時間は延々と続く。人生は本質的に残酷なんだ。生きていればいいこともある、と諭しても無駄です」
「花を見て美しいと思う。空や海を眺めているだけで感動できることがある。春の風はどうしてあんなに心地いいんだろうな。俺には、世界が本質的に残酷だとは思えない」(「ロジカル・デスゲーム」『長い廊下がある家』
「火村英生の推理」最終話「ロジカル・デスゲーム」の美しさとドラマの結末

連続ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」は3月20日に放送された「ロジカル・デスゲーム」で最終回を迎えた。もっとも、それはテレビドラマだけのことで、ネット配信のhuluではさらなる物語を観ることができる。「探偵、青の時代」(『菩提樹荘の殺人』)と「切り裂きジャックを待ちながら」(『ペルシャ猫の謎』)を原作とする3話だ。ドラマが終わって淋しい思いをされていた方には朗報である。

原作の魅力を忠実に再現


このレビューで何度もくり返し書いてきたことだが、ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」は、純度の高い謎解きミステリーの美点を損なわずに映像化することに努力を払い続けた作品であったと思う。特に長篇『朱色の研究』を前後編にまとめた手際には感心させられた。映像化で原作の特徴が失われるのでは、と警戒しがちなファンも、あの回で制作者を信用したのではないか。
ミステリーではなく主人公・火村英生と有栖川有栖の友情劇の部分に着目するファンも、本作には合格点をつけたのではないかと思う。キャスティングの段階で原作ではゲストの位置づけであるキャラクターがレギュラーとして抜擢されることが判明し、若干の動揺があった。安定した人間関係をいじられるのはファンが忌避することだが、特に大きかったのは、火村とアリスの間に第三者が割って入るのでは、という危惧であったはずだ。幸い、それは避けられた。特に貴島朱美が助手に立候補した際、火村英生がそれをにべなく断った場面では、快哉を上げたファンも多かったと思われる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「火村英生の推理 + ドラマ」のおすすめ記事

「火村英生の推理 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「火村英生の推理 + 最終回」のおすすめ記事

「火村英生の推理 + 最終回」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

火村英生の推理

火村英生の推理

連続ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」

2016年3月28日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 火村英生の推理 ドラマ
  2. 火村英生の推理 最終回

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。