review

「まんぷく」32話。塩つくる萬平さんがエルメスの広告のように見えてしまった

第6週「お塩を作るんですか!?」 第32回 11月6日(火)放送より
脚本:福田 靖 
演出:渡邉良雄
音楽:川井憲次
キャスト:安藤サクラ、長谷川博己、内田有紀、松下奈緒、要潤、大谷亮平、
     桐谷健太、片岡愛之助、橋本マナミ、松井玲奈、呉城久美、松坂慶子、橋爪功、瀬戸康史ほか
語り:芦田愛菜
主題歌:DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」
制作統括:真鍋 斎
「まんぷく」32話。塩つくる萬平さんがエルメスの広告のように見えてしまった
イラストと文/木俣冬

32話のあらすじ


昭和21年6月。
泉大津の元・陸軍倉庫に住みはじめた萬平(長谷川博己)と福子(安藤サクラ)と鈴(松坂慶子)と神部(瀬戸康史)。
萬平は倉庫にあった鉄板を使って塩を作ることを思いつく。

萬平さん、塩を作る


「塩といえば赤穂」
やたら滑舌良いこの台詞を何度聞いても笑ってしまう。
あまりに台詞台詞しているので。それも説明台詞。それを真面目にハキハキ言うところが。

ハキハキと、神部とふたり赤穂に向かう萬平。
塩の作り方(熱々の鉄板に海水を蒸発させる)をだいたい予想する神部に「さすが大阪帝大生卒」と褒めるが・・・帝大生でなくとも想定の範囲内なのでは・・・(☆ひとり朝ドラ国防婦人会チェックポイント この説明は28話レビューで)

そして、赤穂。
塩の作り方を学ぶ。
知らない単語がいくつも出てきて、神部はいちいち「それはどういう漢字を」と聞く。
「漢字はこちらで調べます」と萬平。
ふたりとも頭がいいが、
《徹底的に合理的で現場主義の発明家・萬平さん》 ...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年11月7日のレビュー記事
「「まんぷく」32話。塩つくる萬平さんがエルメスの広告のように見えてしまった」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    食事してから作業すればいいのに、と思ったけど、食事を後回しにしてしまうのは発明家の性みたいなものなんですかね。

    4
  • 匿名さん 通報

    >今、私はまだ関西にいるのだが、「おはよう関西」でも「ハンコの次は塩!」とまたコメントしていた。こちらもじつにシンプル。  確かにシンプルですね。

    1
  • 匿名さん 通報

    エルメスとは、まあお洒落に見えなくもないか❗

    1
  • 匿名さん 通報

    このひとなにもみえてない

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

まんぷく

「まんぷく」レビュー一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース