review

戦慄「あなたには渡さない」不倫現場の派手な布団に本妻を誘導する愛人、攻防そして女たちの奇妙な連帯2話

通子「料理屋をやります。私が、新しい『花ずみ』を始めます」

11月17日(土)放送の、土曜ナイトドラマあなたには渡さない(テレビ朝日系)第2話。

料亭「花ずみ」の板長・旬平(萩原聖人)の妻で専業主婦の通子(木村佳乃)の前に、旬平の愛人・多衣(水野美紀)が現れた1話。多衣は「ご主人をいただきにまいりました」と言い離婚届を通子に渡したが、旬平はそれを「偽装離婚」だと説明する。離婚を決意した通子は多衣のいる金沢に赴き、倒産する「花ずみ」を再建するため、旬平との婚姻届を担保に6,000万円を貸してほしいと多衣に頼んだ。

1話では、こんなあらすじでは説明できないほど衝撃的なことが起こりまくった(1話レビュー記事)。しかし、2話冒頭のナレーションが駆け足ながらもものすごく簡潔に1話の内容をまとめていて「わ、わかりやすい……」と思わず声が出るほどだった。未視聴の方は、ぜひ聞いてみてほしい。
戦慄「あなたには渡さない」不倫現場の派手な布団に本妻を誘導する愛人、攻防そして女たちの奇妙な連帯2話
イラスト/まつもとりえこ

憎しみ合わなくても良かったはずの女たち


多衣「ご主人を金で売ろうとおっしゃるの?」
通子「まさか。旬平を売る気なんて毛頭ありません。離婚はあくまでも借金のための偽装ですから、本当に別れるわけではありません。
ただ、その婚姻届を担保に6,000万円お借りしたいだけです。安いものでしょう? だってあなた、前に一億払ってでも旬平を手に入れたいとおっしゃっていましたもんね」

通子、強い。多衣は一億払ってでも旬平を手に入れたいと言っていたのに、なぜ6,000万円にディスカウントしたのか。それは、「花ずみ」を再建するのにその金額で十分という理由もあるだろうが、ディスカウントすることで多衣を挑発して断りにくくするという狙いもあったように聞こえた。

あわせて読みたい

  • 最終回「あな家」あの映画が示した未来

    最終回「あな家」あの映画が示した未来

  • 「「夫人」がついたら「不倫ドラマ」

    「「夫人」がついたら「不倫ドラマ」

  • 不倫ウイルスを制する不倫ワクチンとは

    不倫ウイルスを制する不倫ワクチンとは

  • 「みをつくし料理帖」どの子も幸せに

    「みをつくし料理帖」どの子も幸せに

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年11月24日のレビュー記事
    「戦慄「あなたには渡さない」不倫現場の派手な布団に本妻を誘導する愛人、攻防そして女たちの奇妙な連帯2話」の みんなの反応 5
    • 匿名さん 通報

      不倫ばっかりで飽き飽き。。なんでみんなこんなに不倫が好きなの?

      2
    • 匿名さん 通報

      急に自分語りが始まって気持ち悪い記事。

      1
    • 匿名さん 通報

      みんな欲求不満なんだよ

      0
    • 匿名さん 通報

      どんな形であれ人が人を好きになるのは素敵なことです。

      0
    • 匿名さん 通報

      >2018/11/28 04:32 子持ち男や子持ち女の不倫でも?

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース