review

大原櫻子×安本彩花「びしょ濡れ探偵水野羽衣」水野家は演劇一家「演劇ってのは全部逆なんだよ、逆」7話

大原櫻子×安本彩花「びしょ濡れ探偵水野羽衣」水野家は演劇一家「演劇ってのは全部逆なんだよ、逆」7話
イラスト/よねこ
「誰かの手でびしょ濡れになると過去へ、自らびしょ濡れになると現在へ」タイムリープする能力をもつ主人公が活躍する『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』(テレビ東京、毎週水曜25:35〜)。毎回事件が起こり、羽衣(大原櫻子)が過去に遡って真相を突き止める。テレビ東京とParaviの2媒体で少しずつ展開が異なる仕立てのドラマだ。

人前ですぐびしょ濡れになることから部活やサークルに所属できず、就活の履歴書に書くことがないと悩む羽衣。「演劇の神様のお告げ」と言い出すヤンさん(ヤオ・アイニン)に押し切られる形でなぜか演劇サークルに加入することになる。チェーホフの『三人姉妹』の次女役に取り組む羽衣。このサークルは部長マナブ(浅見紘至)とヒカル(安本彩花)の二人しかおらず、ヤンさんが三女をやることになった。しかし、付き合っている疑惑があるほど仲の良かったはずのマナブとヒカルの仲がおかしく、稽古が進まない。仕方なく羽衣は過去に戻り、二人の間に何があったのか確かめることに。

特に演劇づいてる第7話


今回のゲスト、安本彩花(私立恵比寿中学)と浅見紘至の組み合わせといえば、劇団シベリア少女鉄道だ。エビ中の舞台「シアターシュリンプ」公演を主宰の土屋亮一が手がけたことを端緒に、安本は2015年と2017年の2回、シベリア少女鉄道の本公演に出演してコメディエンヌぶりを発揮。その2作ともに浅見と共演していた。そんなこともあって、予告でこのメンツを見たとき、てっきり今回の脚本は土屋が手がけたのかと思ったほどだ(実際は村上大樹)。演劇サークルのメンバーを演じた二人とも、演劇にゆかりのあるゲストなのだ。

あわせて読みたい

  • びしょ濡れ探偵 NPC四千頭身後藤登場

    びしょ濡れ探偵 NPC四千頭身後藤登場

  • 「びしょ濡れ探偵」圧巻の片桐はいり

    「びしょ濡れ探偵」圧巻の片桐はいり

  • 「びしょ濡れ探偵」カメラを止めろ!

    「びしょ濡れ探偵」カメラを止めろ!

  • 「びしょ濡れ探偵水野羽衣」安い口止料

    「びしょ濡れ探偵水野羽衣」安い口止料

  • レビューの記事をもっと見る 2019年8月21日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。