review

「科捜研の女」26話。どもマリ復活、土門を「待ち人」とあっさり認めたマリコにキュンとする

1月16日に『科捜研の女』(テレビ朝日系)の第26話が放送された。

科捜研メンバーの初詣で幕を開けた冬シーズン。榊マリコ(沢口靖子)が引いたおみくじは凶だった。しかし、その内容は「待ち人 来る」。というか、今回のタイトルが「待ち人、来る」の時点で、土門薫(内藤剛志)の帰還はほぼ判明していたようなものだった。
「科捜研の女」26話。どもマリ復活、土門を「待ち人」とあっさり認めたマリコにキュンとする
イラスト/サイレントT

新風を呼び込んだ堀切の退場が惜しい


土門の復帰は嬉しいが、サイバー犯罪対策課・堀切徹(中村俊介)の離脱は少し惜しく感じてしまう。正面突破ばかりだったこれまでの刑事と違い、チェスのように相手を追い詰める彼の手法は『科捜研の女』の新境地だった。ストーカー被害に遭った女性のために同性のマリコを連れていき、被害女性が襲われる危険性を考慮し、夫に尋問しようとする蒲原勇樹(石井一彰)を制止したり。土門のような直情型ではない堀切が新鮮に映ったのだ。
ドラマに新風を呼び込んだだけでない。タイプが違う堀切&蒲原コンビの相性も良かった。「広域サイバー捜査係」という新部署も時代を反映していたし。

そんな相手に寄り添うタイプの堀切が、捜査対象にGPSを仕掛ける“正義の暴走”を見せた。土門が戻ってくる理由を作るためとは言え、違法捜査に手を染める唐突なキャラ変にはこけた。そんな、強引な……。
それほど堀切は惜しいキャラクターだったのだ。今回も主人公かと思うほど存在感を放っていたし、これで退場となるのはもったいない。今後、スペシャルか何かで是非再登場してほしいと思わせる男である。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。