Sexy Zone 10周年メモリアルイヤーで輝くメンバーをウォッチ<柚月裕実のWeekly“J”>

柚月裕実の「Weekly“J”」#30<5月23日〜5月30日>

Sexy Zone

アイドルファン歴25年超の筆者が一週間の出来事からトピックを紹介するこのコーナー。5月16日からの一週間より、印象的なトピックスをご紹介します。今回は、今年デビュー10周年を迎えるSexy Zoneについて。

【関連レビュー】Sexy Zone菊池風磨、黒柳徹子にまさかの“セクシーサンキュー”

3月に10周年記念アルバム『SZ10TH』のリリースを皮切りに、現在もライブツアー『Sexy Zone Anniversary Tour 2021 SZ10TH』の真っ只中であるSexy Zone。ソロとしてもドラマやバラエティ番組への出演、そしてSNSアカウントの開設など、息つく暇がないほどにお知らせが続いている。


5月14日にはTwitterで、セクベア_SZ10TH(@szbear_official)公式アカウントを開設。プロフィールにはメンバーの松島聡が手掛けたマスコット、セクベアのアイコン。プロフィール欄には、「Sexy Zoneのファン・セクシーラバーズ代表。趣味はエゴサーチ、特技はエアーバンド(セクゾに入りたかったが入れなかった) 、体重はバラの花束5個分」と、なんとも可愛らしいプロフィールが綴られている。

現在フォロワー数は9.8万。公式らしくグループやメンバーのお知らせをしつつ、ファン代表と掲げたセクベアらしいポップな言葉使いに親近感が沸く。

そして、5月28日には中島健人「長谷部宗介」名義でインスタグラムアカウントを開設。これは7月スタートの連続ドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ、フジテレビ系)で、中島が演じる敏腕編集者の名前だ。

記念すべき1投稿目は動画。空港と思しき場所で窓の外を眺める中島。カメラが高い天井から中島へとフォーカスすると、「どうも皆さん、僕です」と立ち上がり、カメラに向かって歩き出す。「驚きましたか?みなさん準備はいいでしょうか。フォローしてくださいね。さ!Instagram、始めます」。まるで航空会社のCMキャラクターのような爽やかさ。