「お金のため」復帰した新谷仁美 一度引退した“駅伝の怪物”の覚悟と進化の理由とは?
拡大する(全1枚)

今年の日本女子陸上界において新谷仁美の存在が際立っている。1月にアメリカで行われたハーフマラソンで日本記録を更新すると、コロナ禍を挟んで9月には5000mで日本歴代2位を記録。10月のプリンセス駅伝では区間記録を更新している。なぜ一度引退を経験し、4年間のブランクを持つ彼女がここまでの大復活を遂げられたのか。自らを「積水化学とNikeを背負う一商品」と表現し、復帰の理由を「単純に給料がよかったから」と語る彼女の発言の真意と、進化の理由に迫る。

(文=守本和宏、写真=ナノ・アソシエーション)

新谷仁美を金の亡者とするなら、それはメディアの罪である

「アスリートは走るのが好きみたいに思われますが、私、全然そういうのじゃないんで。単純に復帰したきっかけは、OLで稼ぐより、走るほうが給料がよかったから。それだけです」

新谷仁美が、日本の女子陸上界を席巻している。

駅伝の名門、岡山県の興譲館高校出身。元々“駅伝の怪物”とまで言われ、日本代表として2012年のロンドン五輪出場、2013年のモスクワ世界陸上(世界陸上競技選手権大会)10000mで5位。長距離のホープとして期待される中、2014年に25歳で突如引退。その後、4年間はOLとして働いた。だが、エクセルなどのオフィスワークに慣れず、2018年6月に復帰した選手である。

その新谷が今年、一度目の現役時代を上回る記録を連発しているのだ。

ハーフマラソン日本記録更新、5000mは“15分の壁”を破り日本女子歴代2位の記録をマーク。プリンセス駅伝はエース区間の記録を1分15秒縮めた。4年間のブランクを挟み、32歳になった今、なぜ“駅伝の怪物”は復活したのか。その質問をぶつけると、彼女はこう答える。