ここはどこ? 景勝地を「ハレルヤ山」と改名―中国、客寄せ目的で

 中国で、湖南省にある景勝地、張家界の山「乾坤柱」が、ヒット映画『アバター』に登場する「ハレルヤ山」の原型だとして、「アバター・ハレルヤ山」または「ハレルヤ山」と改名されるとのうわさが広まり、批判の声が高まった。現地では25日、「命名式典」が行われた。法制日報が伝えた。

■映画『アバター』つながりで地元は“有頂天”

 「乾坤柱」の別名は「南天一柱」。頂上は標高1074メートルで、約150メートルの柱のような形状だ。頂上部分には木が生い茂っている。

 『アバター』に登場する「ハレルヤ山」の原型が話題になったきっかけは、北京を訪れた同作品のキャメロン監督が「原型は(安徽省の)黄山」と発言したことだった。中国のインターネットで「違う。張家界の乾坤柱だ」との意見が発表され、議論に火がついた。同映画のCG(コンピュータ・グラフィック)チームが2008年12月に張家界を訪れ、同作品の素材として大量の写真を撮影したことが分かり、「ハレルヤ山の原型は乾坤柱」との結論に落ち着いた。

 これに飛びついたのが、現地の観光業関係者だ。「乾坤柱」は、張家界の中でも「袁家界地区」にある。袁家界管理委員会の宋志光主任は25日、「乾坤柱」の前で「ハレルヤ山に正式改名する」記念式典を開催した。

 張家界市観光局でも公式サイトに「アバター・ハレルヤ山は乾坤柱です」などと掲載。ただし同局は後になり「原型が乾坤柱であることを強調しただけで、正式改名する意図ではなかった」などと説明した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「北京」に関する記事

「北京」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北京」の記事

次に読みたい「北京」の記事をもっと見る

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク