ここはどこ? 景勝地を「ハレルヤ山」と改名―中国、客寄せ目的で

ここはどこ? 景勝地を「ハレルヤ山」と改名―中国、客寄せ目的で
中国で、湖南省にある景勝地、張家界の山「乾坤柱」が、ヒット映画『アバター』に登場する「ハレルヤ山」の原型だとして、「アバター・ハレルヤ山」または「ハレルヤ山」と改名されるとのうわさが広まり、批判の声が高まった。現地では25日、「命名式典」が行われた。<br><br>【関連写真】<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1209&f=national_1209_019.shtml&pt=large">ここは地獄の一丁目? 勝手地名乱立に武漢市長「怒」</a>(2008/12/09)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0515&f=national_0515_015.shtml&pt=large">世界遺産で「踊らにゃソンソン」-湖南・張家界で音楽祭</a>(2009/05/15)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0321&f=national_0321_007.shtml&pt=large">「張家界」森林公園で式典、ミャオ族女性も華添えて</a>(2008/03/21)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=1007&f=business_1007_024.shtml&pt=large">宇宙基地めぐり内モンゴルが甘粛省酒泉に「宣戦布告」</a>(2008/10/07)<br>"(サーチナ&CNSPHOTO)
 中国で、湖南省にある景勝地、張家界の山「乾坤柱」が、ヒット映画『アバター』に登場する「ハレルヤ山」の原型だとして、「アバター・ハレルヤ山」または「ハレルヤ山」と改名されるとのうわさが広まり、批判の声が高まった。現地では25日、「命名式典」が行われた。法制日報が伝えた。

■映画『アバター』つながりで地元は“有頂天”

 「乾坤柱」の別名は「南天一柱」。頂上は標高1074メートルで、約150メートルの柱のような形状だ。頂上部分には木が生い茂っている。

 『アバター』に登場する「ハレルヤ山」の原型が話題になったきっかけは、北京を訪れた同作品のキャメロン監督が「原型は(安徽省の)黄山」と発言したことだった。中国のインターネットで「違う。張家界の乾坤柱だ」との意見が発表され、議論に火がついた。同映画のCG(コンピュータ・グラフィック)チームが2008年12月に張家界を訪れ、同作品の素材として大量の写真を撮影したことが分かり、「ハレルヤ山の原型は乾坤柱」との結論に落ち着いた。

 これに飛びついたのが、現地の観光業関係者だ。「乾坤柱」は、張家界の中でも「袁家界地区」にある。袁家界管理委員会の宋志光主任は25日、「乾坤柱」の前で「ハレルヤ山に正式改名する」記念式典を開催した。

 張家界市観光局でも公式サイトに「アバター・ハレルヤ山は乾坤柱です」などと掲載。ただし同局は後になり「原型が乾坤柱であることを強調しただけで、正式改名する意図ではなかった」などと説明した。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2010年1月28日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。