機長の「管制無視」事件…背景に「うそ多発」、「差別横行」=中国

 上海市上空で13日、吉祥航空HO1112便が「燃料切れ寸前のカタール航空機を先に着陸させるため、航路を譲れ」との管制の指示を無視した事件には、着陸を急ぐため「燃料切れ寸前」とのうその通報が横行していることや、国有系航空会社が優遇され、民間会社の飛行機は着陸順番が後回しになるなどの、背景が存在しているという。中国新聞社が報じた。

 上海市内には主に国際線が使う浦東空港と、国内線が多い虹橋空港がある。13日は気象条件の悪化で浦東空港が使えず、上空で多くの航空機が虹橋空港への着陸の順番待ちをしていた。カタール航空QTR888便の機長は「燃料切れまであと30分を切った」と管制に緊急事態を通報した。

 管制は、カタール航空機の着陸を優先させるため、同機の前方で着陸態勢に入っていた吉祥航空HO1112便に「着陸をとりやめ、カタール航空機にいったん航路を譲るよう」指示した。吉祥航空機機長は「当機も燃料切れ寸前。あと4分しかもたない」と言い、着陸を強行。2機が短い間隔で着陸するという、危険な事態になったという。

 着陸後、カタール航空機には30分を上回る燃料が残っており、緊急事態を宣言するべきでなかったことが分った。吉祥航空機には1時間分以上の燃料が残っていた。

 同日は、カタール航空機以外にも「燃料切れ寸前」を宣言する航空機があった。「順番待ちの列に並ぶ」ことを嫌がり、燃料について虚偽の通報をすることが、常態化しているという。...続きを読む

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2011年8月31日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。