国連は現在も「中華民国国旗」を掲げいている 台湾メディアが「知られざる事実」を紹介

国連は現在も「中華民国国旗」を掲げいている 台湾メディアが「知られざる事実」を紹介
台湾メディア「中央通訊社(中央通信社、中央社)」はこのほど、「このことを知る人はあまりいない」として、現在も「中華民国国旗」が掲げられている“国連関連施設”があると紹介した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 台湾メディア「中央通訊社(中央通信社、中央社)」はこのほど、「このことを知る人はあまりいない」として、現在も「中華民国国旗」が掲げられている“国連関連施設”があると紹介した。

 国際連合(国連)は第二次世界大戦を戦った主要連合国である米国、英国、フランス、ソ連、中国(中華民国)が中核になり、連合国51カ国が結成した組織だ。正式発足は、51カ国の過半数が自国における国連憲章の批准を済ませた1945年10月24日とされる。

 国民党が共産党との内戦に敗れて台湾に撤退し、1949年10月1日に毛沢東が北京の天安門上で中華人民共和国の成立を宣言したことで、国際機関における「中国代表問題」が始まった。

 中華民国は中華人民共和国を認めず「共匪」などと呼んだ。ちなみに日本は1972年9月25日に中華人民共和国と国交を樹立するまで、中国のことを「中共」と呼ぶことが多かった。「中共」とは中国共産党の略称であり、「中国共産党」という政治勢力の実在は認めるが「国とは認めていない」との理屈だ。

 台湾を支配する中華民国が国連から脱退したのは、日中国交正常化の前年の1971年10月25日だった。国連の2758号決議、いわゆる「アルバニア決議」の採択を受けてのものだ。同決議は中華民国が持っていた国連常任理事国の地位を、中華人民共和国に交代させる内容だったが、中華民国は国連そのものから自主的に脱退した。

 その時点で、国連関連施設に掲げられている中華民国の「青天白日旗」はすべて、中華人民共和国の「五星紅旗」に取り換えられたと思う人が多いが、中央社は「実は違う」と指摘。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2015年12月23日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。