中国のマンションはすぐ劣化するのが普通、「なぜ日本は築40年でも買い手がつくのか」=中国報道

中国のマンションはすぐ劣化するのが普通、「なぜ日本は築40年でも買い手がつくのか」=中国報道
中国メディアは、日本では築40年の中古マンションでも売れると紹介し、その理由を分析する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国の建物は、築年数からは想像もできないほど劣化が激しく、10年前の建物でもかなり古く感じるものだ。中国メディアの今日頭条は20日、日本では築40年の中古マンションでも売れると紹介し、その理由を分析する記事を掲載した。

 記事はまず、日本と中国の中古住宅の違いを紹介。写真を並べて比較しているが、築46年の日本のマンションの方が築34年前後の中国のマンションよりもずっと新しくてきれいに見える。記事は、「日本では古くても買い手がつくのは当然だ」と感心している。

 この違いの1つは「メンテナンス」にあるという。中国のマンションにも管理費はあるのだが、団地の緑化、壁の塗り替えなどのメンテナンスといった本来の目的には使われず、ほとんどが銀行に預けたままだとしている。メンテナンスに使われた額は、ほんの1%前後だという調査もあるほどで、仕方がないので自費で修繕を行う住民もいるそうだ。

 では、日本ではメンテナンスはきちんと行われているのだろうか。記事は、日本にも修繕積立金というものがあり、中国のように一括払いではなく毎月積み立てるもので、中国よりも金額が大きいが「きちんと目的通りに使用されている」と紹介。支出は公開する仕組みになっているので目的通りに使わざるを得ず、住民がかなり関わっていると伝えた。

 記事はもう1つの理由として、「建築基準が厳しい」とも指摘。そのため日本の住宅は寿命が長く、中古住宅を購入してもきれいに使えば何十年も住めると紹介した。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月23日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。