日本の喫茶文化から見えた、「コーヒーを入れる作業すら極めようとした日本人の完璧主義」=中国

日本の喫茶文化から見えた、「コーヒーを入れる作業すら極めようとした日本人の完璧主義」=中国
中国メディアはこのほど、日本のコーヒー文化は喫茶店から始まったと紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 多くの人が気軽に飲んでいるコーヒー。コーヒーを飲まなければ1日が始まらないという人も多いだろう。最近では大手チェーン店が多くなったが、かつての日本では喫茶店ブームがあり、無数の喫茶店が営業していた。中国メディアの百家号はこのほど、日本のコーヒー文化は喫茶店から始まったと紹介する記事を掲載した。

 記事によると、日本の喫茶文化は中国では見られないだけでなく、コーヒーチェーン店が林立する欧米とも異なっているという。日本のカフェは雰囲気があり、他では味わえないコーヒーを体験できると紹介している。

 では、日本のコーヒーはどこが違うのだろうか。記事は、欧米のチェーン店はコーヒーを大量に作り置きして客が来るとすぐに出せるようにしているが、日本の喫茶店では1杯1杯を大切にし、客の注文を受けるたびにドリップで淹れていると紹介。記事では紹介していないが、米国のあるコーヒーチェーン店は、訪日した際に入った個人経営の喫茶店で、1杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーのおいしさに感動し、この日本の喫茶文化の影響を受けて開業したそうだ。

 記事の中国人筆者は、日本人は忙しい毎日を送っているのに、「コーヒーに関しては進んで時間を浪費するらしい」と伝えているが、コーヒーを淹れるのをゆっくり待つのも楽しみの1つなのではないだろうか。そういう意味では、日本の喫茶文化はおいしいコーヒーを飲むことだけが目的ではないだろう。

 記事はさらに、日本のカフェは店ごとに店主の個性がはっきりとしていて、その世界観が好きな客が集まると紹介。コーヒーに使われる陶器にもこだわりがあることが多く、「日本人の完璧主義と匠の技」が感じられると伝えた。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月8日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。