今注目のアプリ、書籍をレビュー

1

なぜ、台湾のチームが甲子園に出場できたのか。映画「KANO」を観る前に知っておきたいこと

2015年1月26日 10時50分 ライター情報:オグマナオト

映画「KANO~1931 海の向こうの甲子園~」
2015年1月24日(土)新宿バルト9他全国公開
(C)果子電影 配給:ショウゲート

[拡大写真]

春はセンバツから。
1月23日、センバツ甲子園の出場校32校が発表された。
そしてその翌日からは、甲子園を舞台にしたある映画も公開されている。

「KANO 1931海の向こうの甲子園」

台湾映画としては破格の制作費7億円を投じ、昨年2月に台湾で公開されるや3ヶ月のロングランを記録するなど大ヒット。今回、満を持しての日本公開となる。

ではなぜ、台湾でヒットになったのか。見どころとともに、映画を観る前にこそ押さえておきたいポイントを整理してみたい。


◎なぜ、台湾のチームが甲子園に出場できたのか?

映画「KANO」は日本統治時代の台湾から甲子園に出場して決勝にまで勝ち進んだ、日本人、台湾人(中国大陸から移住した漢人)、台湾先住民による「嘉義農林学校野球部」<KANO>の活躍を描いた、実話をもとにした物語になる。

そもそもなぜ、台湾のチームが甲子園大会に出られるのか?

現在のように、各都道府県の代表校が甲子園大会に出場できるルールになったのは1978(昭和53)年から。それ以前は県大会で優勝しても東北地区、九州地区などのブロック大会を勝ち上がらなければ甲子園の土は踏めなかった。

その一方で、戦前には満州、朝鮮、台湾の「外地」の代表校にも全国大会への参加が認められていた。満州と朝鮮は1921(大正10)年から、台湾は1923(大正12)年から参加が認められ、毎年代表校を内地に派遣。その後、太平洋戦争のために大会が中止になる1941(昭和16)年をもって「外地からの挑戦」は幕を閉じている。

その中の台湾で、甲子園出場をかけて鎬を削ったのが甲子園7回出場の台北中と、5回出場の嘉義農林だ。本作は、その嘉義農林が初めて甲子園に出場した1931(昭和6)年にスポットを当てている。


◎演者の選考基準は演技力よりも野球力

去年ぐらいから日本でも「野球」をテーマにしたドラマ、映画が相次いでいる。ただ、いくらドラマ部分が素晴らしくても肝心の野球描写がイマイチだと興ざめしてしまうのが事実。

それが、野球を撮る、ということの難しさだ。

そこでこの「KANO」でこだわったのがキャスティングだった。監督であるマー・ジーシアンは、先日行われたジャパンプレミアでこんなコメントを残している。

「この映画は野球をテーマとしています。映画を観て、野球をしていることを信じてもらえないと失敗なんですね。だからこそ、キャスティングでは野球の実力にこだわりました」

実際、キャスティングにあたっては台湾全土の高校、大学の野球チームをまわり、演技は素人でも野球経験が5年以上ある者だけを集めたという。
関連キーワード

ライター情報

オグマナオト

福島県出身。『週刊野球太郎』『web R25』を中心にスポーツネタ、野球コラムを寄稿。構成した本に『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』『福島のおきて』など。

URL:Twitter:@oguman1977

「なぜ、台湾のチームが甲子園に出場できたのか。映画「KANO」を観る前に知っておきたいこと」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    とりあえず春の選抜に出たらいいんじゃないか。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!