bit

ダイオウグソクムシを飼えない人のための『鉢植えダンゴムシ飼育』のススメ

ダイオウグソクムシを飼えない人のための『鉢植えダンゴムシ飼育』のススメ
▲『ダンゴムシの本 まるまる一冊だんごむしガイド~探し方、飼い方、生態まで』(奥山風太郎・みのじ著:DU BOOKS刊)近年では大人が読んでも楽しいダンゴムシ本も出版。ダンゴムシの仲間としてフナムシまで紹介しているところに作者の心の広さを感じる。
ダイオウグソクムシ。
昨今の深海生物人気の中でも、絶食状態で生き続けるなど奇妙な生態で注目を集める謎多き生き物。ぬいぐるみやiPhoneケースなどのグッズも作られ、一大ブームの様相になってきている。

その何とも気持ち悪くそれでいて愛らしい姿に魅せられ、ぜひ家に2、3匹飼ってみたいと思われる人も多いであろうが、現状は一般人が入手することからして至難の業。おとなしく水族館やネット動画で眺めるくらいしか出来ないのが現状である。そんなダイオウグソクムシっぽいものを飼いたい欲満々のあなたにオススメの身近な生き物を紹介したい。

ダンゴムシである。

サイズは1/50くらいにぐっと小さくなるが、ダイオウグソクムシとダンゴムシは同じ等脚類。
ダイオウグソクムシを「でっかいダンゴムシ」と喩える人がいるように、ダンゴムシを「ちっちゃいダイオウグソクムシ」だと思って飼育してみませんか、というのがこの文章の趣旨である。

え、あの公園の石の下にいるやつでしょ? 虫はちょっとなあ、という人もいるだろう。しかし、ダンゴ「ムシ」という名前ではあるが、どちらかというと彼らはエビとかカニとかに近い部類である。
そう言われるとかなりとっつきやすくなるのではないだろうか。カブトエビとか学研の付録で飼ってたじゃない、ほら、それそれ。

いや、エビとかカニとかいうけどフナムシも同じ仲間でしょ、という人もいるかもしれない。それは事実ではある。事実ではあるが、伏せておきたい。

あわせて読みたい

  • 都会でもホタルは育つのか? 子どもたちがホタルを放流

    都会でもホタルは育つのか? 子どもたちがホタルを放流

  • カブトムシはなぜ冬を越せないのか

    カブトムシはなぜ冬を越せないのか

  • 毎日はらってもはらってもできる、クモの巣について

    毎日はらってもはらってもできる、クモの巣について

  • 土の中のスナイパー“ジグモ”の生態を解き明かす!

    土の中のスナイパー“ジグモ”の生態を解き明かす!

  • コネタの記事をもっと見る 2014年5月19日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。