review

「少女革命ウテナ」幾原監督最新作「ユリ熊嵐」を待ちながら、アニメ業界小説『ハケンアニメ』を読むべし

「少女革命ウテナ」幾原監督最新作「ユリ熊嵐」を待ちながら、アニメ業界小説『ハケンアニメ』を読むべし
ついに発表された幾原邦彦監督作品「ユリ熊嵐」! 情報のさらなる公開を待ちながら、読んでおきたい小説がある。辻村深月の『ハケンアニメ』。幾原監督をモデルにしたアニメ監督「王子千晴」をめぐるアニメ業界小説だ。
「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」の監督、幾原邦彦の新作アニメが発表された。5日前からはじまっていた、「ピングベアプロジェクト」サイト上でのカウントダウン。今日2014年8月25日、カウントがゼロになった。
タイトルは「ユリ熊嵐」。タイトルの下には「LOVE BULLET」の文字。キャッチフレーズは「その透明な嵐に混じらず、見つけ出すんだ」。

キャラクター原案は森島明子、キャラクターデザインは住本悦子、アニメーション制作はSILVER LINK。同名のコミックが2014年3月から「コミックバーズ」で連載開始している(漫画担当はキャラクター原案と同じく森島明子)。

軽く漫画版第1話の内容を説明してみよう(試し読みもできる)。
クラスで存在感のない〈透明な女子高生〉椿輝紅羽は、転校生の百合城銀子に対して「実は彼女は、人間ではなく熊なのではないか?」という疑問を抱いている。紅羽は銀子のことが気になってしかたがないのだが……?
1話の段階では「???」という部分はあるものの、まだそこまでおかしな展開になるわけではない。ただし、2話・3話と続いていくと、「?????」が増えていく。

実は2013年の3月、「少女革命ウテナ」関係のトークイベントですでにPVが公開されている(逆に言えば、PVが公開されてから1年半を経ての今回の発表だ!)。
そのPVでは「ユリ裁判!」「運命のキス!」という単語が行きかっていたのだとか。「少女革命ウテナ」の「世界を革命する力を!」、「輪るピングドラム」の「生存戦略ー!」といった、これぞ幾原ワールドというワード。今後アニメ放映に向けて情報が増えていくにつれて、ますます「?」も増えていくのだろう。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2014年8月25日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース