review

今夜金曜ロードSHOW「風立ちぬ」なぜ煙草をあんなに吸うの? 声優起用の背景は? 疑問解決Q&A

今夜金曜ロードSHOW「風立ちぬ」なぜ煙草をあんなに吸うの? 声優起用の背景は? 疑問解決Q&A
『風立ちぬ』DVD/ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2015年2/20よる9時から、日本テレビ系列で『風立ちぬ』が放送。
というわけで、『風立ちぬ』を楽しむためのQ&A12。

Q:主人公の堀越二郎は実在の人物なの?
A:実在の人物だ。ゼロ戦の設計技師。だが、あくまでもモデル。
鈴木プロデューサーはインタビューでこう答えている。“だってまあ、無茶苦茶ですよね。いや、無茶苦茶ってのはいい意味でね。堀越二郎っていう人は実在していたわけでしょ。で、同時代の文学者としての堀辰雄。宮さんて堀辰雄も好きだから。このふたりをひとりの人物にして主人公に設定しているんですよ。あり得ないでしょ(笑)。よくそんなこと考えるなと思って(笑)。”(鈴木敏夫『風に吹かれて』中央公論社P389)

Q:物語の時代背景は?
A:予告編でこう語られている。“大正から昭和へ、1920年代の日本は、不景気と貧乏、病気、そして大震災と、まことに生きるのに辛い時代だった”

Q:どういう経緯でアニメ化されたの?
A:おおもとになったのは、模型雑誌『モデルグラフィックス』に2009年4月号から2010年1月号まで連載された宮崎駿自身によって描かれた漫画。“宮崎監督は戦闘機が大好きで戦争にすごく詳しい。しかし戦争は大嫌い。(…)そうした一種矛盾を抱えた人物が零戦の設計技師・堀越二郎を主人公にした漫画を描いた。これを映画化したい”(『スタジオジブリ絵コンテ全集19風立ちぬ 月報』)と考えた鈴木敏夫プロデューサーが提案。最初は「とんでもない」と反対されるが、粘り強く話し合った末に映画化することになった。

あわせて読みたい

  • 宮崎駿「青春を全て高畑に捧げた」ジブリドキュメンタリー「夢と狂気の王国」

    宮崎駿「青春を全て高畑に捧げた」ジブリドキュメンタリー「夢と狂気の王国」

  • 宮崎監督引退記者会見を緊急レビュー「ありません」(キッパリ)

    宮崎監督引退記者会見を緊急レビュー「ありません」(キッパリ)

  • 宮崎駿引退会見の真相を探る

    宮崎駿引退会見の真相を探る

  • 8つの視点で読み解いた「風立ちぬ」レビュー総集編

    8つの視点で読み解いた「風立ちぬ」レビュー総集編

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年2月20日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら