bit

一流シェフが「ライバル店」を薦めるのに抵抗感がない理由

あっというまに今年も12月。外食の機会が増える時期だが、会食の幹事やデートをエスコートする側になると、悩ましいのが店選び。いまや情報源が多すぎて、逆に悩んでしまうことも多いのでは?

そんななか、グルメ・レストランサイト「ヒトサラ」が、今年5月からユニークな新サービスを始めた。それが「シェフがオススメするお店」。その名のとおり、シェフたちが自分のお気に入りのお店を紹介してくれるのだ。サービスに参加しているシェフは約2900人、オススメされている店舗数は3400軒以上にのぼる(※2015年12月現在)。

複数のシェフからオススメされている店などは、まず間違いなく美味しそうだが、シェフにとって他の料理店というのは、いわばライバルでもあるはず。実名でオススメすることに抵抗はないのだろうか?

そこで、同サービスを手がけるヒトサラ編集長の小西克博さんとUSEN集客支援事業部事業部長の成内英介さん、さらにサービスにシェフとして参加している東京・代々木上原のフレンチ「セララバアド」のオーナーシェフ橋本宏一さんに、話を聞いてきた(以下敬称略)。

一流シェフが「ライバル店」を薦めるのに抵抗感がない理由
「セララバアド」の前にて。左からヒトサラ編集長の小西克博さん、「セララバアド」オーナーシェフ橋本宏一さん、USEN集客支援事業部事業部長の成内英介さん


――シェフとして実名で他店を紹介することに抵抗はなかったですか?

一流シェフが「ライバル店」を薦めるのに抵抗感がない理由
橋本シェフ。スペインの「El Bulli」やデンマークの「noma」など世界トップランクのレストランで腕を磨き、2015年1月に「セララバアド」をオープン(写真提供:ヒトサラ)


橋本シェフ:とくになかったですね(笑)。自分が好きな知り合いのお店や実際に食べに行って感動した店などを紹介しています。

成内:このように、みなさん快諾してくれますね。業界を盛り上げていこうという意識もあるのかもしれません。また、本当にいい店をすすめているシェフはファンも増え、結果その店が繁盛するという好循環も期待できます。

あわせて読みたい

  • 日本の料理道具に海外から絶賛の声

    日本の料理道具に海外から絶賛の声

  • 今、精進料理がウケている理由

    今、精進料理がウケている理由

  • 「旨味」ある料理が世界のトレンド

    「旨味」ある料理が世界のトレンド

  • "ハイテンション"な料理動画が話題

    "ハイテンション"な料理動画が話題

  • コネタの記事をもっと見る 2015年12月11日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら