review

「べっぴんさん」143話「明美ちゃんの人生に小さな一輪の花が咲きました」

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第25週「時の魔法」第143回 3月23日(木)放送より。 
脚本:渡辺千穂 演出:梛川善郎
「べっぴんさん」143話「明美ちゃんの人生に小さな一輪の花が咲きました」
イラスト/小西りえこ

143話はこんな話


栄輔(松下優也)が明美(谷村美月)に一緒にならないか、と告白し、ついに明美は長く住んだキアリス一号店の2階から旅立つ。

妻が美しい歌を自由に歌い、その姿を夫が見守っている。


紀夫(永山絢斗)たちが退職を決め、次の社長は足立武(中島広稀)に決まった。
中西(森優作)の堪らなく嬉しそうな拍手の仕方に和む。

「君の汗かく姿、君のひとを見る優しい目、君のまっすぐなところ」と紀夫が足立に言う台詞が、まるで恋の告白みたいではないか。

大急会長(伊武雅刀)に挨拶に行くと、会長は会長で、結婚式のスピーチみたいなことを言う。

「世間では夫婦というものを夫の後を妻がついていくと言うが、君たちは逆なんだなあ。
妻が歌い、先を歩く。夫が後ろをついていく。
妻が美しい歌を自由に歌い、その姿を夫が後ろ手見守っている。
そうして幸せな家庭や会社をつくりあげた。
それを慈しみ、大切に育て、守ってください」

「妻が歌い、先を歩く」という言葉は、タイトルバックのすみれのスキップにつながっているような気がした。
あと、77話の「飲んで、食って、歌へ」という名言も思い出す。

お互い次のステージやね


引退するすみれに対して、50歳過ぎて職場復帰しているゆり(蓮佛美沙子)。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「べっぴんさん」143話「明美ちゃんの人生に小さな一輪の花が咲きました」」の みんなの反応 6
  • アッピー 通報

    明美さんと栄輔やっと結ばれて良かったね。だけど、ラスト3分で告白して、家建てる話して、自転車で一緒に暮らす部屋へ向かう2人。早すぎて、感動する暇無かった。最後のクライマックスのハズなのに…

    30
  • りん 通報

    明美さん、栄輔の気持を知って「そんなら家建てるわ」って即答して、現実的なところ明美さんらしい。たっぷり蓄えていそうだから、立派な家を建てるんだろな。今まで頑張ってきた甲斐があったね。

    21
  • ランチ 通報

    明美さんってメンクイだったのね!

    15
  • 渡辺 通報

    くそ脚本家を持ち上げる能力すごいわ

    13
  • ルー 通報

    昔、落としたおつまみを拾って食べて笑わせてくれた、あの武ちゃんが社長だなんて嬉しすぎます。驚いたけど、あのメンバーの中から選ぶなら、やっぱり武ちゃんしかいないよね。

    12
この記事にコメントする

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

べっぴんさん

べっぴんさん

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のレビュー記事一覧。

2017年3月24日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連続テレビ小説 まんぷく

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。