review

「半分、青い。」145話、鈴愛と律、ふたつの渦が奇跡をつくる

連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第25週「君といたい!」第145回 9月17日(月)放送より
脚本:北川悦吏子 演出:宇佐川隆史 田中健二
「半分、青い。」145話、鈴愛と律、ふたつの渦が奇跡をつくる
半分、青い。 メモリアルブック (ステラMOOK)

半分、青い。 メモリアルブック

145話はこんな話


そよ風の扇風機の研究に煮詰まった律(佐藤健)だったが、カンちゃん(山崎莉里那)のスケートの話から二枚の羽によって渦を消す方法を閃く。時に2010年10月ーー。

すばらしくよくできた話だと思う。


144話で、壁にぶつけて渦が消えることでめでたしめでたしでいいのではと書いたが、早合点だった。
渦はやっぱり重要で、二重の渦を作ることで理想的な風を作る。つまり、鈴愛と律、ふたつの渦が必要だってことだ。
すばらしくよくできた話である。

研究が暗礁に乗り上げたとき、鈴愛は自分が漫画家を諦めた時のことを思い出すが、あの時の絶望は今はないと言う。それは律が天才だと信じているからで、その言葉は律を喜ばせる。
大事なことは希望を失わないこと、信じること。
すばらしくよくできた話である。しかも、鈴愛がなにげなく書いた花の絵が二重構造を予言していたという展開も美しい。
この作家は企画書やプロットを書くことの天才だと思う。さすがヒットメーカーだ。

だから、今度こそこれでフィナーレで良いではないか。はい、最終回、最終回、今週で最終回。扇風機が出来上がって、律と鈴愛が最強のパートナーで、もうそれ以上、何を描くことがあろうか。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年9月18日のレビュー記事
「「半分、青い。」145話、鈴愛と律、ふたつの渦が奇跡をつくる」の みんなの反応 71
  • 匿名さん 通報

    言い方は悪いけど、涼次はどのツラさげて「会いたい」なんて言ってるんだと思いました。自分から邪魔になると言って捨てたんだから、自分からは会わないのがけじめだと思う。遠くから姿を見るだけで我慢してほしい。

    23
  • 匿名さん 通報

    「半分、青い」が大好きですが、そうは言えない空気がここにはありますね。批判は割と簡単だけど好きって言うのは結構勇気がいります。

    20
  • 匿名さん 通報

    そんなに今週で終わってほしいと思うなら、レビューを今週で終わらせれば良いじゃないか?読んでて不愉快だからもう読まない。

    17
  • 匿名さん 通報

    涼ちゃんも確かにどのツラ下げて…だけど、これだけ三おばに経済面、生活面で依存しておいて、今更「涼ちゃん元気ですか?」もズッコケる。

    16
  • 匿名さん 通報

    細かいとこだけど、律がカフェを飛び出したあと、花野が「え…律いっちゃった…でもラーメンまだ残ってるし、どうしよう…」みたいな顔になってるのがおもしろかった。演技うまいな。

    12
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「わろてんか」のニュース

次に読みたい関連記事「わろてんか」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

半分、青い。

半分、青い。

NHK「半分、青い。」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース