review

『グリーンブック』ケンタッキー片手に観てほしいアカデミー賞映画


アカデミー賞映画『グリーンブック』オンラインに降臨

2018年、第91回アカデミー賞作品賞、脚本賞、助演男優賞を受賞した名作『グリーンブック』が、Amazonプライムビデオほか、動画配信サービスに降臨。ということで、あぁ〜この映画ね! 何か面白いらしいし、アカデミー賞とってるし、今週末にでも観ようかなと思ってる方に声を大にして言いたい。

「ケンタッキー買ってから観て!」

グリーンブックとは何ぞや

とまぁ、いきなり太文字で叫んでみましたが、この映画、何も知らずに観るのと、ちょっとだけ背景を知ってから観るのではだいぶ味わいが違ってくる。まず、そもそもタイトルになっている「グリーンブック」とは何ぞや?という話だが、一言で説明すると「黒人が入れる店や宿のガイドブック」である。しかも、これなしで黒人が南部を旅行すると最悪死ぬかもしれない超重要アイテムなのだ。

『グリーンブック』ケンタッキー片手に観てほしいアカデミー賞映画
【グリーンブック】

映画の舞台である1960年代のアメリカの南部は、まだ苛烈な人種差別下にあり、黒人の日没後の外出を禁止する地域があったり、黒人が利用できる店や宿が限られていた。なので、うっかりグリーンブックに載っていない店に入ろうものならボコボコにされ下手すりゃ逮捕。なので、黒人でも平和に車移動ができるようにと、郵便配達員のヴィクター・ヒューゴ・グリーンが作った冊子。

実話をもとにしたストーリー

時は1962年、ニューヨークのナイトクラブで用心棒をしていたトニー・リップ。ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで、周囲から頼りにされていた。

金に困っていた彼はある日、黒人ピアニストのドクター・シャーリーに、演奏旅行の運転手としてスカウトされる。ツアーで巡るのは、黒人差別が色濃く残る南部である。全く対照的な2人は、果たして無事にツアーを終えることができるのか……。

『グリーンブック』ケンタッキー片手に観てほしいアカデミー賞映画

リップの人となりは、映画冒頭でしっかりと尺を割いて描かれるが、ドクター・シャーリーに関しては少ないので、これだけ覚えといていただきたい。彼は、幼い頃からロシアで英才教育を受けて育ったため、

『グリーンブック』ケンタッキー片手に観てほしいアカデミー賞映画

いわゆるアメリカの黒人文化をほぼ知らない。

この記事の画像

「『グリーンブック』ケンタッキー片手に観てほしいアカデミー賞映画」の画像1 「『グリーンブック』ケンタッキー片手に観てほしいアカデミー賞映画」の画像2 「『グリーンブック』ケンタッキー片手に観てほしいアカデミー賞映画」の画像3 「『グリーンブック』ケンタッキー片手に観てほしいアカデミー賞映画」の画像4
「『グリーンブック』ケンタッキー片手に観てほしいアカデミー賞映画」の画像5 「『グリーンブック』ケンタッキー片手に観てほしいアカデミー賞映画」の画像6 「『グリーンブック』ケンタッキー片手に観てほしいアカデミー賞映画」の画像7
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アカデミー賞」に関する記事

「アカデミー賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アカデミー賞」の記事

次に読みたい「アカデミー賞」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク