北京の現代アート界に進出-日本人アーティスト・井上玲

 近年、北京の現代アート界に進出し活躍する外国人が目立ち始めた。今回は北京在住の日本人アーティスト・井上玲さん。

<北京での創作生活>

――北京には2006年秋に来たそうですね。きっかけは何だったのですか?

 最初に中国に来たのは06年の夏で旅行です。それまで東京と横浜で活動していたのですが、スタジオのビルが取り壊しされることになり、今後の活動拠点をどこにしようか考えていました。旅行中、大山子798芸術区にも足を運んだのですが、画廊の人やアーティストが私と同年代ぐらいの人が多く、思ったよりも気さくで驚きました。時代もあると思いますが、文化規制されているはずの街に、自由なはずの日本より活気と自由さを感じたのです。住んでいる自分を想像し、住むことを決めました。

――そういうきっかけで直ちに住んでしまうところは若い人ですね。北京ではどのように暮らしていますか?

 08年4月から9月まで一時帰国したのですが、北京に戻った今は、中央美術学院に在籍しつつ、創作活動をしています。学校の日本人の先輩で、北京で作家活動を続けている人には、丁未堂佳子さん、飯田祐子さん、清水恵美さん、金澤友那さん、口田真紀さんらがいます。北京では親しくする煬子(ヤンズ)さんが主宰する望京画画小組という若い人中心のグループのアーティストと交流したりするなど、学校以外の人との交流も多いです。画家の劉野(リィウ・イエ)さんが絵を買ってくれたり、歌手で女優の田原(ティエン・ユエン)さんと一緒に絵を描いたり……これは中国の特徴ではなくあくまで私の周囲での話ですが、画廊のような商売第一主義ではなく、個人の関わりを最も大切にする人たちで、楽しいです。作品の内容で影響しあったり、芸術論を話しあえたりする煬子(ヤンズ)さんは、いろいろ価値観は違うけれど、私にとって同志のような存在です。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「北京」に関する記事

「北京」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北京」の記事

次に読みたい「北京」の記事をもっと見る

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク