この20年あまり、大きな災難のたびに日中両国は互いに気遣いあってきた=中国メディア

この20年あまり、大きな災難のたびに日中両国は互いに気遣いあってきた=中国メディア
中国メディアは「日中両国はこの20年あまり、災難を前にして互いに気遣いあってきた」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)<br>(サーチナ)
 中国メディア・中国網は6日、「日中両国はこの20年あまり、災難を前にして互いに気遣いあってきた」とする記事を掲載した。

 記事は、1995年に日本で阪神大震災が発生した際、中国は爆発的な経済成長を実現する前だったため「実際のところ、何のお金もなかった」とし、日本に支援の手を差し伸べたくても難しい状況だったと紹介。一方で、海外在住の日本人が続々と本国に義援金を贈っているとの話を聞いて「中国人として本当に羨ましかった」としている。

 そして、2003年にSARSが中国で蔓延した際には「当時、東京にいたが、中国人の自分を毛嫌いする人は1人もいなかったうえ、そこまで裕福ではない日本の人たちが中国に何らかの支援をしたいと相談してきた」とし、N95マスクを購入して中国に送る活動をしたと紹介した。

 また、2008年の四川大地震では、ちょうど北京で昆曲「牡丹亭」に出演していた歌舞伎役者の坂東玉三郎氏が地震の被害に心を痛め、公演の一部収入を被災地支援のために寄付することにしたと説明。これが、四川大地震の被災地に送られた最初の「海外からの寄付」だったと伝えた。

 さらに2011年に東日本大震災が発生した際、前年9月の尖閣諸島沖での衝突事件によって日中両国民の感情は悪化していたと紹介。中国国内で日本への支援を呼びかける日本の学生に対して、多くの中国の市民は「小日本は・・・」と文句をこぼしたが、それでも最後には義援金を差し出したとしている。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月7日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。