日本人に「コメディ扱い」されて恥ずかしかった「抗日神劇」、一体なぜ大量生産されたのか=中国

日本人に「コメディ扱い」されて恥ずかしかった「抗日神劇」、一体なぜ大量生産されたのか=中国
中国メディアは、史実を無視した、まるでコメディのような「抗日神劇」が大量生産されるに至った理由を考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 中国では「手刀で人間を切り裂く」などの描写がふんだんに登場する「抗日ドラマ」が一時大きな問題となった。このような荒唐無稽な抗日ドラマは「抗日神劇」と揶揄されたが、中国メディアの騰訊はこのほど、史実を無視した、まるでコメディのような「抗日神劇」が大量生産されるに至った理由を考察する記事を掲載した。

 記事は、中国で「抗日神劇」が作られるようになったのは2005年ごろのことであり、2012年になると「抗日神劇」はまるでブームのように急増し、年に70本以上もの「抗日神劇」が制作され、その多くが非常に粗悪な作品だったと指摘した。

 中国で「抗日戦争」と言えば日中戦争を指すわけだが、現代の中国において抗日戦争をテーマにしたドラマは「制作コストが低く、大きな売り上げが望める収益性の高いコンテンツ」だと指摘。「抗日神劇」は視聴者の反日感情を利用して収益をあげることが目的であり、「制作さえすれば損することはなく、必ず利益が出るドラマ」として史実に合致しているかどうかを無視して制作され続けてきたと論じた。

 さらに、中国ではテレビドラマなどのコンテンツは全て厳格な検閲が行われるが、「抗日」をテーマに、愛国主義を発揚する抗日ドラマは検閲が緩く、細かい部分まで審査が行われず、簡単に検閲を通過してきたと強調。そして、少しでも視聴率を稼ぐために描写が徐々に過激になったのであろう、こうして中国では低俗化した粗悪な「抗日神劇」が大量に制作されてきたのだという。
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「テンセント + 日本」のおすすめ記事

「テンセント + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「テンセント + 株価」のおすすめ記事

「テンセント + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アリババ」のニュース

次に読みたい関連記事「アリババ」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月3日の中国記事

キーワード一覧

  1. テンセント 日本
  2. テンセント 株価
  3. テンセント 決算

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。