日本の「海苔巻き」と韓国の「キムパプ」って同じじゃないのか? なぜ名前が違うんだ=中国

日本の「海苔巻き」と韓国の「キムパプ」って同じじゃないのか? なぜ名前が違うんだ=中国
中国メディアは、日本と韓国にはそっくりの見た目の料理があるのに、両者はそれぞれ日韓で別の名前で呼ばれているのはなぜなのかと問いかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 経済発展を背景に、食生活がずいぶん豊かになった中国。都市部には世界各国のレストランが存在し、他国の食文化も気軽に体験できるようになっている。

 日本料理店や韓国料理店も増えたことで、日韓の食文化に触れる中国人も増えているようだ。中国メディアの百家号はこのほど、日本と韓国にはそっくりの見た目の料理があるのに、両者はそれぞれ日韓で別の名前で呼ばれているのはなぜなのかと問いかける記事を掲載した。

 記事が「そっくりな見た目」だと指摘したのは、日本の「海苔巻き」と韓国の「キムパプ」だ。様々な具材をご飯で包み、外側に海苔を巻いた見た目は確かにほぼ同等だ。「キムパプ」はごま油を使う点など、味は日本と韓国で多少の違いは存在するものの、中国人が「同じような料理なのに、日韓で名前が違っているのは不可解」と感じてしまうのも無理はないだろう。

 記事は、多くの中国人は「海苔巻き」と「キムパプ」が同じ料理なのか、違うとすればどこに違いがあるのか、疑問に思っていると伝えつつ、「海苔巻き」と「キムパプ」の違いを考察した。まずキムパプは韓国で軽食のように親しまれていて、「海苔巻き」より身近であって、しかも「海苔巻き」より手頃だと指摘。また、海苔巻きは生魚が巻かれることが多いのに対し、キムパプは生魚は使われず、また酢飯も使われないなどの違いがあることを紹介した。

 とはいえ、「海苔巻き」と「キムパプ」がそっくりなのは議論の余地がなく、実際に日韓ではその起源をめぐって様々な主張があるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
中国で聞いていた噂は真実だった! 日本人は「誰もが交通ルールを自発的に守っていた」=中国
日本は恐ろしい国だ!「強大な経済力を持ち、軍事強国への夢を捨てていないんだから」=中国
日本の喫茶文化から見えた、「コーヒーを入れる作業すら極めようとした日本人の完璧主義」=中国
日本の建築物はまるで「不死鳥」、我が国と違って「地震が起きても倒壊せず」=中国
警戒せよ! 日本は経済大国から政治大国への変貌を目指している=中国報道
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月11日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。