review

広島カープ優勝!炎と燃える真っ赤な花が、いま、まぎれもなく開いた『赤ヘル1975』

2016年。野球界にとってそれは、広島カープの年だった、と後年語り継がれるはずだ。

1991年の優勝以来、25年ぶりの歓喜。カープファンにとって、優勝からこれほど遠ざかったこと、歓喜を待ちわびたことは過去に一度しかない。球団創設26年目の1975年、広島カープ初優勝のとき以来だ。

そんな今だからこそ、読んでおきたい小説がある。重松清『赤ヘル1975』(講談社)だ。2013年に上梓され、野球ファンはもとより、野球を知らない人たちからも絶賛された物語が、カープ優勝を待ちわびたかのように今月、文庫化された。
広島カープ優勝!炎と燃える真っ赤な花が、いま、まぎれもなく開いた『赤ヘル1975』

広島市民の、祈りにも似た大きな夢


《赤は女子の色だと思っていた》
物語はそんな一節で始まる。舞台はタイトルどおり1975年の広島だ。東京から広島へ引っ越した中学1年生のマナブが、野球少年のヤス、将来は新聞記者志望のユキオらと仲良くなり、広島の街と広島カープ、そして原爆の影と交錯していく。

1975年。それは広島市民にとって、そしてカープにとって特別な年だ。原爆投下から30年という節目の年であり、カープのチームカラーが「赤」に変わった年。

だが、今でこそ当たり前で愛される「赤ヘル」も、当時はすんなり受け入れられたわけではなかった。

《大好きなカープが、男の中の男の集団が、なにが悲しくて女子の色の帽子をかぶって野球をしなければならないのか》

そんな「赤ヘル」がなぜ、ファンに受け入れられ、カープの代名詞となったのか。それはこの年、万年Bクラスの貧乏球団・広島カープが奇跡を演じたからだ。小説冒頭に、当時のカープが置かれた苦境が端的に記されている。

あわせて読みたい

  • ますます熱い「カープ女子」に注目『球場ラヴァーズ』新作2作連続刊行

    ますます熱い「カープ女子」に注目『球場ラヴァーズ』新作2作連続刊行

  • 広島カープ芸人・アンガールズ田中「山根がスゲー変なスイングをするんですよ」

    広島カープ芸人・アンガールズ田中「山根がスゲー変なスイングをするんですよ」

  • 広島カープの切ない魅力に取り付かれる女子大生『球場ラヴァーズ』

    広島カープの切ない魅力に取り付かれる女子大生『球場ラヴァーズ』

  • 今夜の「アメトーーク」は広島カープ芸人。『変愛野球論』で予習せよ

    今夜の「アメトーーク」は広島カープ芸人。『変愛野球論』で予習せよ

  • レビューの記事をもっと見る 2016年9月11日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース