review

又吉直樹原作ドラマ「火花」1話。神谷はなぜかっこいいのか

又吉直樹作、第153回芥川賞受賞作品「火花」が日曜午後11時からNHKで連続ドラマとして放送開始された。冒頭のネタ合わせをするシーン、歩きながらやっているのは二人の会話のリズムを合わせるという意味があるらしい。
又吉直樹原作ドラマ「火花」1話。神谷はなぜかっこいいのか
イラスト/小西りえこ

ドラマ全10話が映画的で超豪華


「火花」は、ドラマというよりも映画に近い。それも情緒を重んじてゆったりとした邦画だ。1シーン1シーンの長さ、カメラの手ぶれ、明るすぎない自然光を活かした照明、少し聞こえ辛くもあるリアルなセリフの音量、セットをあまり使わない所も映画っぽい。これが全10回、なんて贅沢なドラマだ。もとはNetflixの製作、こんなに力を入れているとは思わなかった。

小説や漫画などを映画化した場合、約2時間にまとめるためにストーリーの一部をカットしなければならない。しかし、ドラマはその逆だ。間延びしない為にオリジナルストーリーを入れ込む。一話一話に盛り上がり所と、次回への引きを作る。カットもオリジナルストーリーも、間違いなく作品を面白くするために行っていることだ。しかし、時にそのせいで原作ファンから非難を受ける事もある。これは視聴者と制作側に存在するなかなか埋まらない悲しい溝だ。

その点で「火花」はちょうど間だ。全10話を原作に忠実に、主張のつよいオリジナルストーリーを足すことなくつくられた作品だ。その代わり、「火花」はドラマにとって重要な要素をいさぎよく放棄している。

1話あらすじ

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2017年3月5日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

火花

火花

又吉直樹の小説が原作のドラマ「火花」レビュー一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース