review

「MASKMEN」 斎藤工、カニをかぶった6時間後にスクランブル交差点でネタ披露の2話

2017年9月23日20:00。斎藤工はくっきー(野性爆弾)が用意した衣装に身を包み、ロケバスの中にいた。全身は黒タイツで覆われ、頭には手作りのマスクをすっぽりかぶっている。

「マスクをかぶっているときは、どれだけ心が強くいれるかってことなんですよね」

そう言って斎藤工はロケバスを降りる。謎のピン芸人「人印(ピットイン)」が初めて人前に現れたのは、渋谷のスクランブル交差点だった。『MASKMEN』(テレ東)、第2話のタイトルは「誕生」。
「MASKMEN」 斎藤工、カニをかぶった6時間後にスクランブル交差点でネタ披露の2話
イラスト/まつもとりえこ

用意された3つの「マスク」


その6時間前の2017年9月23日14:00。第1話で「本気で芸人になる」と宣言してから1週間後のこと。

斎藤工はくっきーの元に向かっていた。依頼していたマスクが完成したという。「楽しみですね」「期待しかないです」と胸を膨らませる。

斎藤工がくっきーに会うのは、自身が監督した映画にくっきーが出演して以来、約1年ぶり。くっきーはマスクのみならず、芸名や衣装、ネタ、音源に至るまで全てを用意して待っていた。「人印(ピットイン)」という名前もここで初めて明かされる。体型で斎藤工だとバレないよう、黒タイツの下にはお腹をぽっこりさせるクッションを入れた。

さて肝心のマスクである。「3つ作った」というくっきー。1つ目。カニの甲羅。「すごいカニの匂いします」と、素直に顔に装着する斎藤工。しかし目元も口元もモロに出ているので、バレないか心配だ。サングラスと入れ歯をつけてみる。しゃべりづらい。

あわせて読みたい

  • 野性爆弾初冠番組の無謀「平家の怨念」

    野性爆弾初冠番組の無謀「平家の怨念」

  • 斎藤工のヤバい魅力にゾクゾクの写真集

    斎藤工のヤバい魅力にゾクゾクの写真集

  • 「山田孝之のカンヌ映画祭」の真意は

    「山田孝之のカンヌ映画祭」の真意は

  • 何だこれ「山田孝之の東京都北区赤羽」

    何だこれ「山田孝之の東京都北区赤羽」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年1月26日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    MASKMEN

    MASKMEN

    「MASKMEN」はテレビ東京系の連続ドラマ。野性爆弾くっきーが初プロデュースする新人お笑い芸人の成長過程を記録したドキュメンタリー。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース