review

「MASKMEN」5話。斎藤工マスクを脱ぐ「僕じゃなくてもいい」くっきーとの別離

楽屋からくっきーが去った後、斎藤工はテーブルの上にある人印(ピットイン)のマスクを見ながらつぶやいた。

「被りたくないですね、正直。もう被れない」

時は2017年11月18日。場所はヨシモト∞ホール。斎藤工がマスクを脱ぐ決断をしたのはなぜか。『MASKMEN』(テレビ東京系)。第5話のタイトルは「岐路」。
「MASKMEN」5話。斎藤工マスクを脱ぐ「僕じゃなくてもいい」くっきーとの別離
イラスト/まつもとりえこ

くっきー、成功を祈願する


前回、人印のネタを改良したくっきーは、次のライブ出演を決めていた。11月18日、ヨシモト∞ホールで行われる「ファースト∞ライブ」。出演者リストには相席スタート、ジャングルポケット、おかずクラブなど実力派が揃い、斎藤工も「こんなメンバーでやるんですか!?」と驚く。

それもそのはず。「ファースト∞ライブ」は東京よしもと若手のトップ集団(ファーストクラス)を中心にしたライブなのだ。ヨシモト∞ホールでは、若手芸人をファーストクラス、セカンドクラス、サードクラス、トライアルクラスの4クラスに分け、熾烈な生き残り競争が行われている。トライアルクラスが500組なのに対し、ファーストクラスになれるのは約15組だけだ。

そんな場所にグレープカンパニー所属の新人(芸歴2ヶ月)が出演するのである。アウェー感この上ない。

ライブ当日。本番3時間前に合流し稽古を重ねる二人。「他の仕事より何より恐ろしいです」と緊張を隠せない斎藤工に、くっきーは「お守り買ってきたんですよ」と包みを渡した。中身は十番稲荷神社の「順調成功祈願」のお守り。ボケだと思っていたのか「本当のやつじゃないですか」と驚く斎藤工。

あわせて読みたい

  • 「MASKMEN」俳優・斎藤工を消し去れと

    「MASKMEN」俳優・斎藤工を消し去れと

  • 斎藤工「MASKMEN」 蟹を被った6時間後

    斎藤工「MASKMEN」 蟹を被った6時間後

  • 「MASKMEN」謎のピン芸人の正体に愕然

    「MASKMEN」謎のピン芸人の正体に愕然

  • 野性爆弾初冠番組の無謀「平家の怨念」

    野性爆弾初冠番組の無謀「平家の怨念」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年2月16日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    MASKMEN

    MASKMEN

    「MASKMEN」はテレビ東京系の連続ドラマ。野性爆弾くっきーが初プロデュースする新人お笑い芸人の成長過程を記録したドキュメンタリー。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース