review

「トドメの接吻」8話、真剣佑との対決はクズvsクズ。山崎賢人は愛をもってクズを制すか

尊氏 クズだな、君は。
旺太郎 フッ、お兄さんもなかなかのもんですよ。

2月25日に放送された『トドメの接吻』(日本テレビ系)の第8話。(関連)
「トドメの接吻」8話、真剣佑との対決はクズvsクズ。山崎賢人は愛をもってクズを制すか
「トドメの接吻」オリジナル・サウンドトラック
Ken Arai/バップ

睨み合った2人は、お互いをクズ呼ばわりする。クズ設定だった元ホスト・堂島旺太郎(山崎賢人)と、闇堕ちした並樹尊氏(新田真剣佑)。クズvsクズの様相。しかし、元々はそうじゃなかった。「どこで間違えた?」と自問する尊氏。本当に、どこでおかしくなったのだろうか。
では、2人がクズになったきっかけをここで振り返りたい。

“エイト”のせいでクズになった尊氏と、“お兄さん”のせいでクズになった旺太郎


●旺太郎
旺太郎が“カネのためならなんでもやるホスト”になった理由は、父・旺(光石研)に課せられた賠償金を払うため。しかも、事故の本当の原因は旺ではなく尊氏にある。
弟の光太はいなくなり、母の光代(奥貫薫)は光太に執着したまま。誰に頼ることもできない旺太郎は、生きていくためにクズになった。

●尊氏
もし旺太郎がタイムリープしなかったら、尊氏は闇堕ちしなかった。美尊(新木優子)に愛される、完璧な兄のまま。「僕は美尊さえればいい」という言葉からも、美尊への愛は本物だとわかる。旺太郎がタイムリープしなかったら、彼は父・尊(山田明郷)の命も救っていた。

2人がクズになる原因は、お互いにあったのだ。では、今度は「クズの度合い」について比較してみよう。

●旺太郎
旺太郎は、人を殺していない。殺そうともしない。「秘密をばらす」と長谷部寛之(佐野勇斗)や青田真凛(唐田えりか)を脅すこともあったが、結局はばらしていない。クズとは言え、佐藤宰子(門脇麦)に優しさを見せることもある。旺に働きかけ、両親の復縁も促している。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年3月4日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トドメの接吻

トドメの接吻

『トドメの接吻』は、日本テレビで放送されている連続ドラマ。山崎賢人が演じる主人公のホストが、キスで相手を殺す女の手にかかり、死のタイムリープを繰り返すというサスペンスストーリー。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース