review

最盛期は1994年か『巨人ファンはどこへ行ったのか?』巨人ファンからイチローファンへ、そしてどこへ

イチローがシアトル球団の特別アドバイザーに就任し、今シーズンは今後、出場選手登録の枠から外れて、試合に出場しないという。

プレーするイチローが見られなくなるなんて。ファンとして、こんな辛いことはない。1994年にブレイクし、以降、ずっとスターであり続けたイチロー。その登場は、プロ野球を楽しむ上での主語が、「巨人軍」という球界の盟主から、イチローという個人へスイッチした分水嶺だったと思えてならない。

そんな風に考えるのは、ある本に「巨人ファンの最盛期は1994年」と書かれていたからだ。その本とは、『巨人ファンはどこへ行ったのか?』(菊地高弘/イースト・プレス)だ。
最盛期は1994年か『巨人ファンはどこへ行ったのか?』巨人ファンからイチローファンへ、そしてどこへ
『巨人ファンはどこへ行ったのか?』(菊地高弘/イースト・プレス)

プロ野球の最大派閥!?「元・巨人ファン」を探す旅


1994年。それは、若干20歳のイチローが210安打を放ってブレイクした年であり、「伝説の10.8」……長嶋茂雄が「国民的行事」と評した巨人対中日の優勝決戦戦があった年だ。『巨人ファンはどこへ行ったのか?』では、ある元巨人関係者の考察として、このときが巨人ファン最盛期だったのではないか、と紹介している。

では、以降、失われた巨人ファンはいったいどこへ行ってしまったのか?

「菊地さんが話していた『元・巨人ファン』って、もしかしたら野球界のサイレント・マジョリティなんじゃないですか?」

ある編集者からのこんな疑問から執筆の旅が始まる。ちなみに、“菊地さん”とはこの本の著者である菊地高弘で、野球好きであれば『野球部あるある』シリーズで人気を博した野球ライターの「菊地選手」の名で覚えている人も多いかもしれない。

あわせて読みたい

  • レギュラーではない選手が引退で胴上げ

    レギュラーではない選手が引退で胴上げ

  • もしも松井秀喜が阪神に、イチローが中日に入団していたら『プロ野球「もしも」読本』

    もしも松井秀喜が阪神に、イチローが中日に入団していたら『プロ野球「もしも」読本』

  • イチロー、ヤンキースへ。電撃トレードの衝撃を読む

    イチロー、ヤンキースへ。電撃トレードの衝撃を読む

  • 日本プロ野球が本格的に始まった一戦

    日本プロ野球が本格的に始まった一戦

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年5月5日のレビュー記事
    「最盛期は1994年か『巨人ファンはどこへ行ったのか?』巨人ファンからイチローファンへ、そしてどこへ」の みんなの反応 29
    • 匿名さん 通報

      自分のところだけが都合よく強くなればいい、っていうのがナベツネさんの考え方だったからプロ野球全体が衰退した。みんな出来レースにうんざりしたんだと思う。

      24
    • 匿名さん 通報

      ナベツネが原因だろ。

      21
    • 匿名さん 通報

      八百長ヤラセ出来レース優勝常連の虚人群は永久に破滅ですw

      11
    • 匿名さん 通報

      つまらないから。結果だけ夜のニュースで見ています。

      10
    • 匿名さん 通報

      昔は巨人しかなかった。 今は各球団個性を出していき 単に巨人が1/12に成り下がっただけの話。 旧態マスコミは未だに巨人一辺倒だが…

      7
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース