review

「ボヘミアン・ラプソディ」クイーン詳しくないけどこれはたまらん必見!フレディからの大事な教訓が響いた

『ボヘミアン・ラプソディ』は、正直なところ伝記映画とは言いにくい作品だと思う。おれはクイーンというバンドに対してそこまで詳しいわけではないが、それでも「こんなに面白くてエモい実話があってたまるかよ〜!」と思いながら見ていた。それはつまり、『ボヘミアン・ラプソディ』はとても面白くてエモい映画であるということの裏返しだ。
「ボヘミアン・ラプソディ」クイーン詳しくないけどこれはたまらん必見!フレディからの大事な教訓が響いた

ベタだけどエモい! ミュージシャン映画のツボを押さえたクイーン物語


この映画のオープニングは1985年、ライブ・エイドの会場へと向かうクイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの姿から始まる。1985年なので短髪に口髭の「後期型フレディ」である。そこから一気に1970年まで遡り、まだ彼がファルークと名乗っていた当時にブライアン・メイ、ロジャー・テイラーと出会い、ジョン・ディーコンを加えてバンドを結成するところからストーリーが始まる。

『ボヘミアン・ラプソディ』のストーリー自体は、ミュージシャン映画に割とよくあるパターンを踏襲している。才能ある若者たちが集まって悪戦苦闘しながら曲を作り、それがレコード会社の目に止まってデビュー。スターダムを駆け上がり、大成功する。が、最初は仲が良かったバンドも金や女のトラブルで内部がごたつき、いつしか危機的状況に……。「見たことある〜」というストーリーラインにクイーンというバンドの要素をはめ込んでいるので、当然ながら史実とは異なる点も多い。

でも、だがしかしである。『ボヘミアン・ラプソディ』は、そのベタなストーリーに対して完全に開き直り、「こっちの方が盛り上がるからええんじゃ〜!」とばかりにエモーショナルな展開を叩き込んでくる。とにかく冒頭に出てきたライヴ・エイドのステージに向けてメンバー全ての感情が流れ込む作りになっているので、満を持してウェンブリースタジアムの満員の客の前にフレディが登場した瞬間には、映画を見てる観客もエモすぎてボロ泣きである。史実がどうのこうのを飛び越えて、映画として面白くなっちゃってるのだ。実話を再現した伝記映画とは言いにくいが、面白いかどうかと言われたら真っ当に面白い。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年11月16日のレビュー記事
「「ボヘミアン・ラプソディ」クイーン詳しくないけどこれはたまらん必見!フレディからの大事な教訓が響いた」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    「エモい」ライターがこうやって汚い言葉を拡散するんだね。

    4
  • 匿名さん 通報

    >ジョン・ディーコンがいきなりベースを弾き始める。他のメンバーたちは~ワラワラとケンカをやめ、即座に曲ができるのである。  都合の良い展開❗

    2
  • 匿名さん 通報

    何だよ、「エモい」って?。またマスゴミ発進の造語かよ、ググる気にもならんわ。映画「ボヘミアン・ラプソディ」はドキュメンタリーではないし、伝記映画としては脚色が過ぎる。

    2
  • 匿名さん 通報

    クイーンについてロクに知らないヤツがなんでこの映画のことを書いてるの?

    2
  • 匿名さん 通報

    いやもっとリアルな奴が見たい。こんな大映のドラマ、ポニーテールは振り向かないみたいなやつじゃなくて、フレディ誰にエイズうつされたんや・・ってえぐいやつ

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース