review

「エール」第2週「運命のかぐや姫」振り返り「今週の窪田正孝」

【前回レビュー】「エール」10話/第2週、最後にやっと窪田正孝登場。3週が待ちきれない。でも子役がもう出ないのは残念
【前回振り返り】「エール」第1週「初めてのエール」振り返り「今週の窪田正孝」

第2週「運命のかぐや姫」〈4月6日 (月) 放送〜10日 (金) 放送  演出・吉田照幸 松園武大〉


「エール」第2週「運命のかぐや姫」振り返り「今週の窪田正孝」
イラスト/おうか

あらすじ


大正12年、愛知県豊橋。関内音(11歳、小学6年生)は家族5人で幸せに暮らしていたが、突然、父・安隆(光石研)が事故で死亡。母・光子(薬師丸ひろ子)と三人姉妹で生きていくことにする。

登場人物


●福島の人々
古山裕一…幼少期 石田星空/成長後 窪田正孝 主人公。幼いときは内向的で思ったことがうまく離せなかったが、小5のとき、音楽の才能が突如発現する。

古山三郎 …唐沢寿明 裕一の父。福島の呉服屋・喜多一の三男坊。兄ふたりが亡くなったので店を継いだ。気が小さいが大きく見せようとしがち。子供が生まれるたびに、レジスター、蓄音機と珍しいものを購入する。
古山まさ …菊池桃子 裕一の母。実家がお金持ち。なかなか子供ができず諦めかかった頃、裕一を授かる。
古山浩二 …潤浩 成長後/佐久本宝 古山家の次男。裕一の2歳下。

大河原隆彦…菅原大吉 喜多一の番頭。
桑田博人…清水伸 喜多一の店員。
及川志津雄…田中偉登 喜多一の店員。

この記事の画像

「「エール」第2週「運命のかぐや姫」振り返り「今週の窪田正孝」」の画像1 「「エール」第2週「運命のかぐや姫」振り返り「今週の窪田正孝」」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

お買いものリンク