『親バカ青春白書』ムロツヨシが主演して演出した偉業に加えて美咲にキスまでされちゃった6話
イラスト/おうか

クリント・イーストウッドか! ムロが演出も担当『親バカ青春白書』6話

『親バカ青春白書』(日本テレビ系 毎週日曜よる10時30分〜/以下『オヤハル』)。第6話(9月6日放送)はムロツヨシが演出

主演俳優が演出もやるプライムタイムのドラマはなかなかない気がする。ムロは自身の演劇ユニットで自作自演をやっているのだが、演劇でも劇作家にして演出家でかつ主役までやる人は多くはない。たいていはちょっと脇に回って全体を見る。映画だとかのクリント・イーストウッドは監督もやって主役もやっている。喜劇でいったらチャップリンか。

そのような偉業が、一見とてもゆるく見える『親バカ青春白書』で試みられたのである。ハイ注目。

さくら(永野芽郁)ガタロー(ムロ)が大学に入学して2年弱。成人式も近づいてきた冬休み。さくらは畠山(中川大志)と淡い恋を育んでいるようだが、ガタローは何かにつけ邪魔を続けている。

そんなおり、ガタローの家がシェアハウス状態に。美咲(小野花梨)に続き、寛子(今田美桜)根来(戸塚純貴)、さらに畠山もやってくる。

さくらと畠山がひとつ屋根の部屋に住むことになって、ますます接近チャンスは増える。ガタローが邪魔したり、邪魔しないと思わせて邪魔したり。邪魔されるままに進展しないさくらと畠山はとってもピュア。というか、畠山はそれなりに成人男子の邪念もあるのだが、さくらがひたすら箱入りのピュア女子に描かれている。

ひとつ屋根の下、若い男女が集えば、恋が生まれる? 根来は美咲が好きになって、告白するなど本能がむき出される場面やら、寛子がガタローに自分の過去をしみじみ語る場面やら、シェアハウスを定点観測するとありそうなシチュエーションの数々が繰り広げられていく。シェアハウスものをフィクションでやってみたという感じ。

この記事の画像

「『親バカ青春白書』ムロツヨシが主演して演出した偉業に加えて美咲にキスまでされちゃった6話」の画像1 「『親バカ青春白書』ムロツヨシが主演して演出した偉業に加えて美咲にキスまでされちゃった6話」の画像2