review

【ニュース】金曜ドラマ『リコカツ』北川景子と永山瑛太演じる夫婦の家族役キャスト発表


北川景子主演『リコカツ』に佐野史郎、酒向芳、宮崎美子、平岩紙、三石琴乃

TBSが4月期の金曜ドラマ枠で、北川景子が主演を務めるオリジナルストーリー『リコカツ』を放送する。本作は、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を「リコカツ」というキーワードを通じて描き出す「離婚するかもエンターテインメント」。このたび、北川が演じる水口咲と永山瑛太演じる緒原紘一の家族を演じる面々が発表された。

【関連記事】北川景子、10年ぶりTBS金曜ドラマ主演 永山瑛太と新婚早々離婚に向けて活動始める夫婦に

咲の父、水口武史(みずぐち・たけし)役には数々の金曜ドラマに出演してきた佐野史郎。大手広告代理店勤務だった武史は、社交的で記憶力がよく、一度聞いたことは忘れない。ちょっと前に定年退職したが、今も現役時代の名刺を使う見栄っ張りな一面もある。

咲の母、美土里(みどり)役には本作が初の連続テレビドラマレギュラー出演となる三石琴乃。声優・ナレーターとして活躍する三石が演じる美土里は、美に関するエッセイ本がベストセラーとなり、世間から美魔女モデルと呼ばれ、インフルエンサーとして人気を博している。

咲の姉、鹿浜楓(しかはま・かえで)役には、現在放送中の金曜ドラマ『俺の家の話』に出演中の平岩紙。小学2年生の生意気な娘を持つ母で、とある秘密を抱えている役どころだ。

咲と運命的な出会いをした紘一は、航空自衛隊に編成されている航空救難団のエース隊員。厳格な自衛官一家で育った、絵に描いたようなカタブツ人間である紘一の父、緒原正(おばら・ただし)役には、金曜ドラマ枠に初のレギュラー出演となる酒向芳。正は元自衛官で頑固者。無口で、男は背中で語る、というのがモットーの昔気質の男。昭和的な古い価値観をいまだに持ち続け体現しており、息子の紘一にも厳しくあたり、強い男になるように言い聞かせてきた。

そんな封建的な夫を支える妻、薫(かおる)役には、数々のドラマで様々な母親像を演じている宮崎美子。薫は昔ながらの良妻賢母で料理上手。優しく明るい笑顔のしっかり者で、正とは一度もケンカをしたことがないが、ずっと秘密にしていることがあり…という役どころになっている。

キャスト・スタッフコメント

■佐野史郎
金曜ドラマという枠は、自分にとってドラマの原点というか、特別な思いがあります。
『ずっとあなたが好きだった』『誰にも言えない』『ダブル・キッチン』など90年代を緑山スタジオで共に過ごしたプロデューサーの植田さんたちと、またご一緒させていただけることになり、歳を重ねて実家に帰ってきた思いです。時の流れが実人生とも重なります。

広告代理店を定年したのに、まだそこにしがみついて自立できていない弱い男を演じるのですが、組織に依存して働いてきた男が、それがなくなった時にどう生きていくのか? 他者に依存していたら大変な目に遭うぞ、ちゃんと自分で考えなさい、というメッセージを感じました。

さらに、離婚問題を通して、家族とは何だろう? 夫婦、恋人、親子、自分にとって何が大切なのか? と考えることになるのですが……。年齢に関係なく、会話やコミュニケーションを大切にすることを忘れてはいけないとドラマを通じて感じています。人生において、抗えないことが起きてしまったとき、それをどう受け止めるか。時代を超えても変わらぬメッセージが込められている、大切なホームドラマとなりそうです。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

北川景子のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「北川景子」に関する記事

「北川景子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「北川景子」の記事

次に読みたい「北川景子」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク