日本と中国のサービスエリアを比較すると中国人が「言葉を失う」理由=中国

日本と中国のサービスエリアを比較すると中国人が「言葉を失う」理由=中国
拡大する(全1枚)

 中国は広大な国土を持つだけあって、「高速道路」の総延長は世界一の長さとなっている。すでに開通している分だけでも総延長は約16万キロメートルに達し、これは日本の高速道路の17倍以上の長さだ。

 中国の高速道路にももちろん「サービスエリア(SA)」は存在するのだが、中国人からすると「日本と中国のSAを比較してしまうと、言葉を失ってしまう」のだという。両者の「差」は尋常じゃないからだそうだ。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本のSAは「サービスを提供する場所」として極めて優れていると強調し、日本と中国のSAの質の違いについて論じる記事を掲載した。

 記事はまず、高速道路に存在するSAは「お国柄」が如実に出る分野だとし、中国の高速道路のSAでは「売り物はぼったくり価格で、サービスの質も高くない」と強調。中国で過去に「最高のSA」と称賛されたようなSAでも、あるのは「飲食店」と「トイレ」と「ガソリンスタンド」だけで、それ以外には特筆すべきものは何もないのが現状だと論じた。

 一方、日本のSAは中国とは正反対だと指摘。日本のSAは「サービス」を非常に重視しているとし、単に食事をしたり、休んだりする場所ではなく、その楽しみ方は「もはや1つの観光地と言っても過言ではない」ほどのSAもあることを強調した。確かに日本にはその土地ならではの料理やスイーツ、さらには足湯など独自のサービスを打ち出し、集客に成功しているSAは少なからず存在する。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク