M6.9の地震でも何の混乱も起きない日本―中国メディア

 11月30日昼に関東地方や東北地方でマグニチュード6.9、震度3の地震が発生した。揺れが比較的小さく、津波の心配もなかったことから日本国内では速報が出る程度でそれ以降は大きなニュースにならなかった。一方、中国国内ではマグニチュードの大きさから比較的多くのメディアがニュースとして伝えた。また、中国国際放送局など一部メディアはやや規模の大きい地震でも大騒ぎしない日本国内の様子を記した記事も掲載した。

 中国国際放送局の記事は、東京にいる記者が書いたもの。まず30日の地震のデータについて伝えたのち、「海賊船のアトラクションのような揺れだった」と体感を報告。「実際、この程度の地震は日本では半月に1度くらいは発生するもので、現地では何の混乱も起きなかった」とした。

 そして、日常茶飯事のごとく地震が発生する日本の防災関連の経験や施策は進んでおり学ぶべきものであるとし、3つのポイントを挙げた。

 1つ目は、日本では人々の防災意識を高めるために、国民的教育を施していること。9月1日の防災の日や防災週間の制定や、小学校から行われる防災訓練、各地にある防災体験施設などを紹介した。

 2つ目は、建築物の耐震能力向上を重視し、耐震基準を大々的に推進していること。法規の制定だけではなく、技術開発も盛んに行われていること、とりわけ学校の校舎の耐震強化に注力していることを紹介した。

 そして3つ目は、大地震発生時の迅速な災害救援システムづくり。地震発生後20分以内に政府が救援対策に乗り出すことや、あらゆる場所で整った避難設備や避難経路指示、防災用品、備蓄倉庫なども合わせて紹介した。(編集担当:柳川俊之)

【関連記事・情報】
中国・河南省:地震で民家倒壊、学校生徒12人も負傷(2010/10/25)
地震が多発する重慶に原発建設の計画、専門家から危ぶむ声―中国(2010/10/18)
「地震の時、自分だけ逃げてはならない」…湖北で教師の新規則(2010/09/16)
四川地震で倒壊の北川中学、新校舎が完成…震度5程度に対応(2010/08/17)
日本の免震技術に注目・評価…上海万博・日本産業館(2010/08/12)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2010年12月1日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら