深センから香港に100万人が逃走…中国で研究成果を出版

 ジャーナリストで作家の陳秉安氏はこのほど、著書「大逃港(香港への大逃走)」を正式出版した。同書によると1950年代から80年代にかけて、100万人が中国大陸部から香港に逃げた。主な“脱出口”は深セン市で、同市郊外には、逃走中に銃殺された人の共同墓地があるという。中国新聞社が報じた。

 「大逃港」は22年間にわたる研究結果をまとめた書物で、100人以上に対する取材や収集した大量の資料などが反映されている。

 陳氏によると、中国大陸から香港への逃走は東西冷戦期にあって最大規模、最長期間の逃走現象だ。記録に残っているかぎり、始まったのは1955年で、特にに1957年、62年、72年、79年には大規模な逃走が発生し、計56万人が香港に逃げた。逃走者の出身地は、広東省、湖南省、湖北省、江西省、広西チワン族自治区など、全国12の省に広がるという。

 逃走者の地位は、学生、(農村部に下放された)知識青年、労働者で、軍人や共産主義青年団、幹部を含む共産党員もいた。深セン市の記録によると、1978年までに同市の幹部計557人が香港への逃走を試み、うち183人が成功した。市政府関連では副課長以上の幹部40人以上が逃走した。

 中国大陸から逃走して現在は香港に住む人によると「兄と一緒に香港に逃げようとしたが、途中で部隊に見つかり、銃撃された。兄が背中に銃弾を受け倒れる様子を見たが、どうしようもなかった」、「その後、香港で事業に成功し、深センに行って兄が撃たれた川辺に墓標を立てた」という。深セン市郊外には、逃走に失敗して銃撃されるなどで死亡した人の共同墓地もある。...続きを読む

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2010年12月8日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。