日本のコミケに行って圧倒された!「自分はまだオタクとは言えないと思った」=中国メディア

日本のコミケに行って圧倒された!「自分はまだオタクとは言えないと思った」=中国メディア
中国メディアは、「日本のコミケと中国の類似イベントの違い」について論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 東京ビッグサイトで年2回開催される「コミックマーケット(コミケ)」は同人誌を販売する催しとして世界最大規模であり、近年はコスプレなどのイベントも大きな注目を集め、話題になるケースが増えている。

 中国でも日本のコミケに関心を寄せる人は増えており、コミックマーケットのようなイベントも存在するが、中国メディアの今日頭条は26日、「日本のコミケと中国の類似イベントの違い」について論じる記事を掲載した。

 中国でも若い世代を中心に、日本のアニメファンは数多く存在し、近年はコスプレ愛好家も増えているという。中国ではアニメ(Anime)、漫画(Comic)、ゲーム(Game)、小説(Novel)といった日本の二次元の文化を「ACGN」と総称しており、ACGN愛好家同士が交流できる場として「漫展」というものが存在する。

 記事は、「漫展」とコミケは似ているようで、違いも大きいと伝え、中国の「漫展」は「ゲーム、漫画、コスプレ好きが集まって、仲間と知り合い、交流する場となっている」と紹介し、有名な漫画家が来賓として招かれることがあるので、運が良ければ握手やサインをもらえる機会もあると紹介。中国ではまだ知名度が低いが、なかには各地で開催される「漫展」に足を運ぶ熱心なマニアも存在しているという。

 そんな中国の熱烈なマニアが一度だけ参加した日本のコミケの感想を紹介。日本のコミケで「自分はいかに小さな存在かを思い知らされた」とし、「日本のオタクこそが本物であり、これまでオタクを名乗っていたことを恥ずかしく思うほど」、日本のファンたちは熱心だったと伝えた。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2019年12月1日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。