今、日本が中国に攻め込んだらどういう結末が待っているのか=中国メディア 

今、日本が中国に攻め込んだらどういう結末が待っているのか=中国メディア 
中国のポータルサイトに「もし日本が再び中国に攻め込んできたら、どうなるか」とする記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 中国のポータルサイト・百度に3日、「もし日本が再び中国に攻め込んできたら、どうなるか」とする記事が掲載された。

 記事は、中国近代史における最大の災難として日本との戦争を挙げ「満州事変に端を発し実に14年という持久戦の末、わが国が大きな代償と引き換えに勝利を手に入れた」と紹介。戦争が長引いた理由について当時の中国が落ちぶれた農業国で、軍事力において日本との差に大きな差があったからだとし、それゆえに多大な人命が奪われ、経済損失を被ることになったのだとした。

 その上で、近年急速に軍備強化を図り、かつてからは想像できないほどの軍事大国に成長した中国に、現在日本が再び攻め込んできた場合結果はどうなるだろうかと疑問を提起した。

 そして、この問題についてロシアのある専門家が「1時間もしないうちに日本が壊滅する」との見解を示したことを紹介。その理由として「日本は資源に乏しい国であり、どんなに発展しても限界がある」としたほか、敗戦により軍事的に厳しい制裁を受けたこと、そして、平和憲法の制約により、日本が現状では戦略的な殺傷兵器を持てないこと、さらに、現在の中国軍と自衛隊の規模を見ても大きな差があることなどを挙げたとしている。

 また、中国の軍需工業は今や世界でも一流レベルであり、第5世代戦闘機を自ら開発できるのに対し、日本は米国から購入することで戦力を賄っているとしたほか、中国はすでに2隻の空母を就役させ、強襲揚陸艦も次々と建造中である上、ミサイルによって日本本土の工業施設をあっという間に壊滅させることも容易であると説明したことを伝えた。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月6日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。