review

なぜこんなにも百合なのか。30分間で女の子が3回押し倒されるアニメ「ユリ熊嵐」2話

月曜深夜アニメ「ユリ熊嵐」(TOKYO MXほか)。2話「このみが尽きても許さない」が1月12日に放送された。※1話がGyaO!で無料配信中

「残酷な熊の攻撃により、泉乃純花さんの地上での生が、終わりを迎えました」
1話で姿を消してしまった純花。お別れの会が嵐が丘学園で行われるが、そこに紅羽の姿はない。生徒代表で弔辞を述べる蜜子は、銀子とるるの姿を見つけて息をのむ。
「間違いないわ。あの2人の転校生はクマだった!」

いつもと違う蜜子の様子を不安がるこのみ。このみは蜜子が「スキ」。蜜子が紅羽に執着していることを問い詰める。
「泉乃純花が死んだ今、次はあの子で決まりなのに!」
「透明な嵐」に襲われるであろう紅羽に関わることで、蜜子が巻き込まれるのを恐れているのだ。押し倒し合う2人……(百合)。

紅羽の家に押しかける銀子とるる。銀子は紅羽をソファに押し倒す(百合)。
「紅羽のスキは本物だ。ガウガウ」
「あなたに何がわかるの!?」
「わかるよ。私のスキも本物だから。……ガウ。椿輝紅羽。会いたかった……私たちは君に会うためにここに来たんだ」
想いを遂げようとする銀子。しかし、乱入してきた蜜子によって阻まれる。逃げる銀子とるる、追いかける蜜子。1人残された紅羽の携帯が鳴る……。

想像していたのより3倍くらい上の速度でガンガン突き進む「ユリ熊嵐」。ま、まさかあのキャラもクマだったなんてー!(棒読み)
怒涛の展開や明らかにされた謎について深読みする視聴者が後を絶たないが、なんだか1周まわって「百合、サイコー!」みたいな気分になってきた。それくらいエッチな百合アニメだ。30分間に女の子が3回押し倒されている(3回目は押し倒しというより、のしかかりと言うべきだろうか……?)。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク