review

今夜金曜ロードSHOW「時をかける少女」をあの日僕らは応援していた。快楽を誰かに、伝えたかったんだ

スタジオ地図、と言うアニメーション制作会社があります。
細田守が『おおかみこどもの雨と雪』のあとに作った、世界で最も小規模なアニメーション制作会社。
そのロゴが、これです。
今夜金曜ロードSHOW「時をかける少女」をあの日僕らは応援していた。快楽を誰かに、伝えたかったんだ
オフィシャルサイトより。表現の無限の可能性にチャレンジしたい、新大陸を見つけ、地図を描きたい、という意図がこめられているそうです(『バケモノの子』パンフレットより)

力いっぱいに飛び出す少女のシルエット。
『時をかける少女』のヒロイン、真琴です。
ロゴシルエット。ジブリならトトロ、TOEI ANIMATIONなら長靴をはいた猫の立ち位置。

夢中になって真琴たちを応援したあの日


今夜金曜ロードSHOW「時をかける少女」をあの日僕らは応援していた。快楽を誰かに、伝えたかったんだ
細田守のトレードマークとも言える入道雲と、飛び出す少女。この絵にどれだけの人がやられたことか!

2006年。
『時をかける少女』は、初週の上映数は6館。13本のフィルムで公開していました。
ミニシアター的に「後日公開」もあわせて発表された上映館も、全部で21館。決して多くない。

ところが、インターネットで火が付きました。すげえアニメがあるぞと。
上映館では立ち見ができ、慌てて上映館を増やしました。
その後は応援応援の嵐。DVDが出るまでロングラン上映されました。

当時ぼくは、何回見たか覚えてないくらい、映画館に通ったもんです。
「こんなすごい映画がある! もっと広がって欲しい! 映画に通ってお金を払うことで、もしかしたらその思いが叶うかもしれない!」
お祭り気分もちょっとあったけどね。でも本気でそう思ってた。
今夜金曜ロードSHOW「時をかける少女」をあの日僕らは応援していた。快楽を誰かに、伝えたかったんだ
降りていく坂。だけど登っていくように見える。ちなみにモデルになっている踏切近辺には、坂はありません。

踏切に坂道直進しているのは、あまりにも危険すぎる。
キャラクターの影を排除することで、動きを重視する技法は面白い。
「おジャ魔女どれみドッカ〜ン!」でも使われていたY字路は、多分横尾忠則の影響だろう。

わかってる、わかってるんだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「金曜ロードSHOW」に関する記事

「金曜ロードSHOW」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「金曜ロードSHOW」の記事

次に読みたい「金曜ロードSHOW」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年7月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。