review

「ゴールデンカムイ」11話 ド、ド、ドリフの札幌殺人ホテル

前回の「ゴールデンカムイ」10話は、もう1人の主人公とも言える谷垣が、死んだマタギ・二瓶の猟師の魂を受け継いでスナイパー尾形と戦う、男の生きざまを描いたシリアス回だった。
今回は、杉元組(杉元・アシリパ(リは小文字)・白石)。こっちの話はグルメ話(エゾシカのカレー!)と変態オンパレードに偏っていくのが「ゴールデンカムイ」流。
今回はアシリパの知り合いで元第7師団のキロランケが合流、札幌で一旦休憩する話だ。

当時は、アシリパの集落が近かった小樽の方が大きく、札幌は発展途上。鰊漁でガツンともうかった小樽の盛り上がりと違う、開拓拠点としての堅実な街並み。街の人の雰囲気や家の並びにこだわり、北海道各地の細かい差異を表現することで、ロードムービーとしてのクオリティをぐっと高くしている。
「ゴールデンカムイ」11話 ド、ド、ドリフの札幌殺人ホテル
9巻にしてようやく表紙になった、脱獄王白石。「ゴールデンカムイ」トップクラスの人気を誇る、へっぽこコメディリリーフにして、キーマン

殺人ホテルは実際にあったのか?


刺青人皮を追いかけて来た一行が泊まったのは「札幌世界ホテル」。妖艶な女将の家永カノが経営している、ハイカラな建物だ。
ここに、刺青持ちであり、土方歳三チームの牛山が泊まりに来たから大変。

・家永は刺青持ちの、女装した犯罪者。
・牛山は白石と面識がある。
・2人は化粧をしていない家永と、網走刑務所で面識がある。
・家永と牛山が刺青持ちなのは、杉元は知らない。
・家永は牛山の屈強な身体と、アシリパの目玉を手に入れたい。

「知っている」「知らない」の関係がややこしい。
複雑に入り組んだホテルを演劇のセットのように描写することで、彼らのすれ違いを表現。

あわせて読みたい

「「ゴールデンカムイ」11話 ド、ド、ドリフの札幌殺人ホテル」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    サブタイトルが、ドリフターズだとわかる、それでつられる人もいるかも?

    1
  • 匿名さん 通報

    別にきらいじゃないが アイヌを持ち上げすぎなんだよね。下げるとヘイトとか言い出すから。メンドクサイ。読んだけど、もう関わらないようにすべき。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ

『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載されている『ゴールデンカムイ』が原作のアニメ。明治時代末期の北海道を舞台に、アイヌの埋蔵金を狙う元陸軍兵・杉元佐一と、アイヌの少女・アシ(リ)パの冒険が描かれる歴史エンターテイメント。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース