review

「現実を直視しろ」演出家・蜷川幸雄が次代に向けて叫んだ『身体的物語論』

今年4月、2016年に亡くなった演出家の蜷川幸雄の三回忌追悼企画として、過去の蜷川演出の舞台3作品(『NINAGAWAマクベス』『身毒丸 ファイナル』『じゃじゃ馬馴らし』)が全国の映画館で上映された。

私もこの機会に『NINAGAWAマクベス』を観に行った。同作は1980年に平幹二朗主演で初演され、その後、作者シェークスピアの故国であるイギリスでも大評判を呼んだ蜷川の代表作の一つだ。三回忌追悼企画で上映されたのは2015年のシアターコクーンでの公演を収録したもので、市村正親が主演を務め、田中裕子、吉田鋼太郎、柳楽優弥などが出演した。

蜷川は同作の演出にあたり、役名もセリフもシェークスピアの戯曲『マクベス』(小田島雄志訳)そのままながら、舞台を大胆にも日本の戦国時代に置き換え、出演陣もこの時代の衣装で登場させた。さらに舞台上には巨大な仏壇が設置され、そのなかで物語が繰り広げられた。いずれの趣向も演劇史に残るもので、私も以前から話には聞いてはいたが、映像を通してとはいえ実際に目にすると圧巻だった。
「現実を直視しろ」演出家・蜷川幸雄が次代に向けて叫んだ『身体的物語論』
蜷川幸雄の晩年の談話、インタビューを収録した『身体的物語論』(徳間書店)。インタビュアーのほか、企画・構成を「エキレビ!」の朝ドラレビューでもおなじみの木俣冬が担当している

舞台から遠くても楽しめる蜷川作品


先ごろ刊行された蜷川幸雄『身体的物語論』(徳間書店)所収の蜷川の「ラスト・インタビュー」でも、冒頭、この2015年の『NINAGAWAマクベス』のことが話題にのぼった。このとき、聞き手の木俣冬が《コクーンの2階の一番後ろのほうから観ても、蜷川さんの作品は楽しめます。(中略)舞台の隅々までいろいろ工夫があるので》...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年7月20日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース