review

常に“最上級”を更新するSixTONESの最新ライブ映像作品『on eST』 その見所を詳細レビュー


SixTONES、ライブ映像作品『on eST』 を10月20日にリリース

「お! 1曲目そうだった!」京本大我が口を開くと、「シルエットだ」と高地優吾。「それがどうやって映像になってるかだよね」田中樹が続ける。「きたきたきた!」声を弾ませる森本慎太郎

【関連レビュー】SixTONES ニューシングル『マスカラ』収録「フィギュア」を徹底的に深読みする

田中が「お客さんの声もないからさ、キャーとかもないから始まったかわかんない」と言えば「入れちゃえば」と冗談を飛ばすジェシー。パフォーマンスの進行と共に「なるほどね!」と松村北斗

横一列に並んで座るSixTONESのメンバー6人。その目に映るは今年6月7日に横浜アリーナで行われた『on eST』のライブ映像だ。

10月20日に発売されるSixTONESのDVD&Blu-ray『on eST』。今年1月発売のファーストアルバム『1ST』をひっさげて行われた全国アリーナツアーの中から、6月7日の横浜公演千秋楽を収録。本ライブは、披露した楽曲の全てがオリジナル曲というメモリアルな公演となった。この映像作品は、本編はもちろんのこと特典映像も見逃せない。

SixTONESとファンの2021年を収めた『DOCUMENT “on eST"』

当初は1月4日から3月28日までを予定していたアリーナツアー。有観客ライブを前提に、前年から準備を進めてきたそうだが、緊急事態宣言を受けて急遽、無観客配信ライブに切り替えて行われた。

その後、3月の北海道公演を皮切りに有観客ライブを再開。会場内ではマスク着用、歓声禁止という制約が設けられてのライブだった。ファンもSixTONESのためならばと、歓声をあげずに拍手とペンライト、うちわに思いを託した。作品概要に「まるで“声が見える”ようなライブ」とあるが、本編のライブ映像からは双方の熱い思いが不思議と伝わってくる。

常に“最上級”を更新するSixTONESの最新ライブ映像作品『on eST』 その見所を詳細レビュー
SixTONES『on eST』 初回盤パッケージ

通常盤の特典映像『DOCUMENT "on eST"』には、1月5日の無観客ライブからのメンバーの姿が“ありのまま”収められている。無観客ライブを前に「いままでのライブと違う疲れ方」と明かした森本。田中は観客の有無は関係なく見せたいとして、「1月の俺らにできるパフォーマンスのベストはいまこれかな」と語った。

「ST」のイントロが途中で止まり、誰かが座るはずだった客席がモノクロで映し出された。松村が言う。「あったかもしれない可能性って、こう絶望になるじゃないですか」。誰もがリスクを抱える状況下、それでも彼らは6人揃ってステージに立った。

有観客ライブへと映像が進むにつれてメンバーの表情も変わってくる。北海道の有観客ライブを前に、松村の表情はどこか晴れやかだ。「やっぱりこれがやりたかったなっていうふうに思いますね」。続いて「いい緊張がある」と京本。それは目の輝きが物語っていた。

ライブ直後、ハイテンションでステージ裏へ戻ってきたメンバー。「ちょっとうるっときた部分もあった」とジェシー。ツアーTシャツ姿の6人、清々しい表情がなんともカッコいい。

こんなふうにしてメンバーの楽屋やリハーサルの様子にはじまり、ライブの裏側、そしてファンの姿も。入口での手指消毒の様子に、発券時のあの独特な緊張感までをも細かく捉え、次第に薄れていく記憶を呼び戻すかのような2021年ならではの光景が連なる。

SixTONESと歩んだ時間の一部がこうして映像作品として残るのは、ファンにとっても嬉しい。そして、これだけではないのがSixTONESとソニー・ミュージックのすごいところだ。


この記事の画像

「常に“最上級”を更新するSixTONESの最新ライブ映像作品『on eST』 その見所を詳細レビュー」の画像1 「常に“最上級”を更新するSixTONESの最新ライブ映像作品『on eST』 その見所を詳細レビュー」の画像2 「常に“最上級”を更新するSixTONESの最新ライブ映像作品『on eST』 その見所を詳細レビュー」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク