review

レコード歴20年のおっさんが、若者向けのゆるふわレコード入門書に思うこと

僕は高校生のときに初めてレコードプレーヤーを買って以来、約20年にわたって音楽はだいたいアナログレコードで聴いてきた。

で、本書『はじめてのレコード』は、書名が示すとおり初めてレコードに触れる世代、より具体的には、音楽はもっぱらiPodやスマホで聴いてきた、CDプレーヤーさえ持っていないかもしれない20代~30代前半の若者(もっといえば女子)をターゲットにした、ゆるふわなレコード指南書だ。
レコード歴20年のおっさんが、若者向けのゆるふわレコード入門書に思うこと
『はじめてのレコード これ1冊でわかる 聴きかた、探しかた、楽しみかた』レコードはじめて委員会著/DU BOOKS。はじめてアナログレコードに触れる世代に特化した、世界でいちばんかんたんな「レコード」の本。

ってことは、レコード歴20年の、30代後半のおっさんはコンセプト的にお呼びじゃないし、正直、僕自身も書店でこの本を見かけたときは「なにが『ゆっくり、ていねいな音楽生活。』(帯文)ですか。松浦弥太郎ですか」と歯牙にもかけなかった。

でも、そういう偏屈な、「女子供はすっこんでろ」的な態度はよろしくない。そんなんだから、「レコードはおしゃれ」とかよくいわれるわりに、実際レコード屋に行っても若い女の子なんて滅多にいないし、まれにいたとしてもそれは彼氏の買い物にしょうがなく付き合っている感じの、あからさまに退屈しているような子なのだ。

であれば、こうやって若い人(もっといえば女子)をレコード屋に誘導する本は歓迎すべきだし、僕自身もここはひとつ初心に帰ってみようと本書を手に取った次第。

さて、そんな本書の構成は、

1章 レコードを買いに行こう
2章 レコードを聴こう
3章 収納とお手入れ
4章 レコードをもっと楽しもう

の4章立てで、合間にレコードに関するコラムや「そぼくな疑問」などが挿入され、巻末には番外編としてオススメのレコードショップリストと用語集が収められている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「音楽」に関する記事

「音楽」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「音楽」の記事

次に読みたい「音楽」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク