学習塾がこれほど波乱万丈とは!
森絵都の新作『みかづき』は、2016年に読んだ本の中で、もっともグイグイ読まされてしまった大長編小説だ。
2016年9月10日のテレビ「王様のブランチ」BOOKコーナーでも大プッシュ。
北上次郎「圧倒された」、阿川佐和子「唸る」と絶賛。
2016年最高に心震えた。森絵都の描く波乱万丈学習塾小説『みかづき』

「勉強がわからない」と泣きつかれた小学校用務員の大島吾郎が、用務員室で勉強を見てやったのが事の始まり。
みるみるうちに子供が増え、「大島教室」と呼ばれるようになっていく。
そして、大島吾郎の指導力を見込んだ赤坂千明が、彼とともに学習塾を立ち上げるのだ。

いやあ、波乱万丈である(二回言いました)。
「塾なんて、そんなものがうまくいくんでしょうか。本当にそんな時代が来るのでしょうか」
ここから、吾郎と千明の学習塾奮闘記がはじまるのだが、一筋縄ではいかぬ。
アンチ文部省で塾を大きくしようとする千明、それには乗り切れない吾郎。
教育観の対立あり、人と人の思いが乱れ、時代の流れがそれを翻弄する。
そして、娘や孫も、教育に携わることになっていくことによって、物語は、学習塾大河ドラマとして怒濤の展開を見せるのである。

大島吾郎のキャラクターがいい。
ひょうひょうとして、ツボに入るとひとりでいつまでも笑ってしまうタイプ。
で、誘惑に弱い。
というか、押しの強い女性にグイグイこられると、すぐにひょろひょろーっとそっちに行ってしまう。
それが悪い方向に出ちゃうと、“学童の母親との密通”なんてことになって、破廉恥だと密告されてしまう。